フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2019年9月

最近の内外情勢 2019年9月

9月2日(月)
  • 中国の王毅外交部長が北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相の招請で訪朝。2日に李容浩外相と,4日に李秀勇(リ・スヨン)党副委員長とそれぞれ会談し,朝鮮半島情勢や中朝協力関係の拡大・発展等について協議。
9月3日(火)
  • 米国国務省が,大量破壊兵器及びその運搬手段の拡散に関与したとして,イラン宇宙機構及び2つの関連研究機関を制裁対象に指定したと発表。
9月5日(木)
  • ロシアのプーチン大統領が同日未明,「第5回東方経済フォーラム」(4~6日,ロシア・ウラジオストク)の開催会場において,テレビ電話を通じて色丹島の水産加工場の稼働式典に参画。
  • 安倍晋三総理が,ロシア・ウラジオストクでプーチン大統領と会談。北方領土での共同経済活動をめぐるパイロット・プロジェクトの実施に向けた作業を継続することで一致したほか,平和条約締結交渉をめぐっては,未来志向で作業することを確認。
  • 国連安保理が,北朝鮮によるサイバー攻撃を通じた資金の違法取得等に関する調査結果をまとめた北朝鮮制裁委員会専門家パネルの中間報告書(2019年8月30日付け)を公表。
9月6日(金)
  • 北朝鮮が党中央軍事委員会非常拡大会議を開催し,金正恩党委員長出席の下,台風13号に対処する国家的な緊急非常対策を討議。また,軍総参謀長に朴正川(パク・ジョンチョン)大将を任命したほか,軍作戦総局の指揮メンバーを解任・異動。
9月9日(月)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・東大阪施設に対して立入検査を実施(大阪)。
  • 北朝鮮の崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官が談話を発表し,「我が方には,9月下旬頃に合意された時間と場所で米国側と対座し,今まで我々が議論してきた諸問題を包括的に討議する用意がある」と表明。
9月10日(火)
  • 北朝鮮が,西部の平安南道・价川(ピョンアンナムド・ケチョン)付近から日本海に向けて,短距離弾道ミサイル2発を発射。北朝鮮メディアは,翌11日,金正恩党委員長が10日に「超大型放射砲の試験射撃を再び指導した」と報道。
9月13日(金)
  • オウム真理教主流派が,「秋季集中セミナー」を開催(~16日,20~23日,北 海道など)。
  • 米海軍のミサイル駆逐艦「ウェイン・E・マイヤー」が南シナ海・西沙諸島付近を航行し,「航行の自由」作戦を実施。中国人民解放軍南部戦区報道官は13日,「中国側は米艦に対して確認・識別を行うとともに,立ち去るよう警告した。米国側が国際法のルールを無視し,長期にわたって南海地域で『航行の覇権行動』を実施していることは,米国側には世界の平和と地域の安全・安定を擁護することに対していささかも誠意がないことを十分に立証するものである」旨表明。
  • 米国財務省が,「Lazarus Group」など北朝鮮が国家的に主導する3つのハッキンググループを制裁対象に指定したと発表。
9月14日(土)
  • 右翼団体が,「日教組定期大会」に対して,会場周辺で「日教組粉砕」などを訴える抗議活動を実施(~15日,東京)。
9月15日(日)
  • 共産党が,党本部で「第7回中央委員会総会(7中総)」を開催(東京)。
9月18日(水)
  • 北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)朝日国交正常化担当大使が日朝友好山梨県代表団と面談。宋大使は我が国メディアの取材に応じ,「(安倍晋三総理は)前提条件なしに首脳会談を行うと述べたが,核・ミサイル・拉致問題が論議されなければならないこと自体が前提条件である。『前提条件のない首脳会談』という表現自体が矛盾している」,「(日朝間の対話に向けた)日本側の具体的な行動が必要」などと発言。
9月20日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・西荻施設に対して立入検査を実施(東京)。
  • 金明吉(キム・ミョンギル)北朝鮮外務省巡回大使が談話を発表し,ボルトン前大統領補佐官の退任について触れた上で,「トランプ大統領の賢明な政治的決断を歓迎する」,「(今後の米朝交渉について)朝米双方が信頼を築いて実現可能なことから一つずつ段階的に解決していくことが最上の選択」と指摘したほか,自ら「朝米実務協商(協議)の我が方(北朝鮮)側首席代表」と表明。
9月27日(金)
  • 金桂官(キム・ゲグァン)北朝鮮外務省顧問が談話を発表し,「(米朝)首脳会談で合意された諸問題を履行するための実際的な動きが追いつくことができずにいるため,今後の首脳会談の展望は明るくない」と発言。
9月29日(日)
  • 右翼団体が,「反中共デー」と称して,在日中国公館に対する抗議や街宣活動 を実施(東京,大阪など)。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 令和元年台風第19号災害義援金
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。