フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2020年6月

最近の内外情勢 2020年6月

6月4日(木)
  • 北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長が談話を発表。韓国の脱北者団体による対北ビラ散布(5月31日)に反発し,韓国政府が相応の対応をしない場合,「開城工業団地の完全撤去,南北共同連絡事務所の閉鎖,南北軍事合意の破棄」などの措置を採ると警告。
  • 北朝鮮の李善権(リ・ソングォン)外相が平壌で李進軍駐朝中国大使と会談。香港問題における中国の立場や措置に支持を表明。
6月 9日(火)
  • 北朝鮮が,金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長と金与正党第1副部長の指示により,9日正午から南北間の全ての通信連絡線を遮断すると発表(同日,南北共同連絡事務所を通じた韓国側からの電話に応じず)。
6月12日(金)
  • 北朝鮮の李善権外相が米朝首脳会談(2018年6月12日)2周年に際して談話を発表。「朝米関係の改善に対する希望は絶望へと変わった」,「二度と何の代価もなしに米国執権者(トランプ大統領)に治績宣伝の種を与えない」と表明。
6月16日(火)
  • 北朝鮮が,開城工業団地内の南北共同連絡事務所の建物を爆破。
  • サハリン州のリマレンコ知事が,北方領土・択捉島に駐留する軍人1人,島外から色丹島を訪問した学生1人の新型コロナウイルス感染が確認された旨自身のSNSに投稿。両島での感染確認は初めて。
6月17日(水)
  • 北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部が,対韓ビラ散布に対する軍事的保障など4項目の「軍事行動計画」を党中央軍事委員会に提起すると発表。
  • ロシア外務省のザハロワ報道官が,河野太郎防衛相が陸上配備型イージス・システムの配備計画を停止する考えを表明したことを受け,アジア太平洋地域の安全保障状況に直接関わるミサイル防衛分野において,我が国が今後具体的な歩みを見せるのかを注視する旨発言。
6月19日(金)
  • 豪州のモリソン首相が,「国家を基盤とするサイバー主体」が同国の広範な分野(行政,産業,政治,教育,保健,重要インフラ等)の組織をサイバー攻撃の標的としているとの声明を発表。
6月20日(土)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・金沢施設に対して立入検査を実施(石川)。
  • 中国海軍艦艇3隻が,宮古島の海域を北西進した後,沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し,東シナ海へ向けて航行。
6月21日(日)
  • 中国海軍艦艇1隻が,下対馬の海域を北東進し,その後,対馬海峡を北上して,日本海に進出。また,23日に対馬海峡を南下し,東シナ海へ向けて航行。
6月22日(月)
  • 中国軍機1機が、東シナ海・日本海を往復飛行。
6月23日(火)
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が中央軍事委員会第7期第5回会議予備会議を開催。総参謀部が提起した「軍事行動計画」の「保留」を決定。
6月26日(金)
  • 中国海軍艦艇1隻が,久米島の海域を南東進した後,沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し,太平洋に進出。28日に沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し,東シナ海に向けて航行。
6月28日(日)
  • 中国軍機2機が,沖縄本島と宮古島の間を往復飛行。
6月29日(月)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・小諸施設に対して立入検査を実施(長野)。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。