フロントページ > 公表資料 > 回顧と展望 > 内外情勢の回顧と展望(令和2年1月)の公表について

内外情勢の回顧と展望(令和2年1月)の公表について

2019年12月20日 更新

 令和元年12月20日に公表した「内外情勢の回顧と展望」(令和2年1月)をアップロードいたしました。

 本書では,冒頭に特集1として,「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の安全開催に向けて」と題し,東京大会に係る脅威や同大会の安全開催に向けた公安調査庁の取組について記述しています。
加えて,特集2として,「米国との関係で揺れた東アジア情勢」と題し,東アジア情勢の1年の推移について記述しています。

 このほか,国外情勢として,北朝鮮などの周辺国の諸情勢や国際テロ,サイバー攻撃・大量破壊兵器関連物資等をめぐる動向などを,また,国内情勢として,オウム真理教を始めとする我が国の公共の安全に影響を及ぼすおそれのある国内諸団体・勢力の諸動向について記述しています。

 是非ご一読いただき,ご参考としていただくとともに,公安調査庁の業務について一層のご理解をいただければ幸いです。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 令和元年台風第19号災害義援金
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。