フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2011年11月

最近の内外情勢 2011年11月

11月 3日(木)
  • G20首脳会談(11月3~4日,フランス・カンヌ)に際し,米国のオバマ大統領と中国の胡錦濤国家主席が会談。
11月 4日(金)
  • 左翼武装組織「コロンビア革命軍」(FARC)の指導者アルフォンソ・カノが,政府軍の攻撃により死亡。5日,新指導者にティモチェンコ(ティモレオン・ヒメネス)が選出。
  • ナイジェリア北東部ヨベ州ダマトゥル周辺において,イスラム過激派「ボコ・ハラム」が連続爆弾テロを実行。約150人が死亡。
11月 8日(火)
  • 国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は,イランが核兵器開発を進めてきた疑いがあるとする報告書を理事国に提出。これを受け,IAEA理事会は,同国の核開発疑惑に「深い懸念」を表明する決議案を採択(18日)。
11月12日(土)
  • APEC首脳会談(11月12~14日,米国・ホノルル)に際して,我が国の野田佳彦総理と中国の胡錦濤国家主席が会談し,日中双方が,戦略的互恵関係の一層の深化に努め,野田総理の訪中を年内に実現すべく調整していくことで一致。
  • APEC首脳会談に際して,我が国の野田佳彦総理とロシアのメドベージェフ大統領が会談し,エネルギー分野の協力を中心とした2国間関係について協議。双方が平和条約締結交渉の継続及びエネルギー協力の拡大で一致したほか,メドベージェフ大統領がアジア太平洋地域における安全保障分野での協力強化を提案。
  • APEC首脳会談に際し,米国のオバマ大統領と中国の胡錦濤国家主席が会談。
11月15日(火)
  • 2014年ワールドカップブラジル大会アジア3次予選・日本対北朝鮮戦(平壌・金日成競技場)が開催。我が国の代表選手団,マスコミ関係者,サポーター,外務省職員らが訪朝。
11月16日(水)
  • 豪州を訪問した米国のオバマ大統領が,同国北部のダーウィンに2,500人規模の米海兵隊を駐留させる方針を発表したのに対し,中国外交部報道官は,「現在の国際情勢下において軍事同盟の強化等が適切な行動か,議論する価値がある」と発言。
11月19日(土)
  • 東アジアサミット(同日,インドネシア・バリ島)に際し,米国のオバマ大統領と中国の温家宝総理が会談。
11月23日(水)
  • 中国国防部は,中国海軍艦艇6隻が22日から23日未明にかけて,沖縄・宮古島の北東約100キロの海域を太平洋に向け通過したことについて,11月下旬に西太平洋で演習を行う旨発表し,「定期的な訓練であり,特定の国に対するものではない」と発表。
  • 我が国の玄葉光一郎外相が訪中し,温家宝総理,楊潔?外交部長,戴秉国国務委員と相次いで会談。温総理は,年内に予定されている野田総理の訪中について,「成功に向けて双方が努力していきたい」と発言。楊外交部長との会談では,海洋関係機関間の信頼醸成を図るため,対話の枠組みを立ち上げるべく引き続き調整することで一致。
11月24日(木)
  • 北朝鮮が,延坪島砲撃事件1年に際して行われた韓国の軍事訓練(23日)を非難した上,「『青瓦台』(韓国大統領府)に火の海が燃え広がることになる」などと警告。
11月27日(日)
  • ロシアの与党・統一ロシアが,モスクワで党大会を開催し,同党党首のプーチン首相を次期大統領選の党候補として正式に擁立することを決定。
11月28日(月)
  • イラクの首都バグダッドなどにおいて,刑務所などを標的にした爆弾テロが相次いで発生。少なくとも24人が死亡,イラク議会の職員を含む30人が負傷。
11月30日(水)
  • 北朝鮮の外務省報道官が,核問題に関する談話を発表し,北朝鮮のウラン濃縮活動は「電気生産のための平和的活動」として,国際原子力機関(IAEA)による確認を認める立場を表明する一方,当該活動を妨害する場合は「断固たる決定的な対応措置を呼び起こす」などと警告。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。