フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2002年11月

最近の内外情勢 2002年11月

11月 8日(金)
  • 国連安全保障理事会がイラクに大量破壊兵器の査察受入れを求める決議を採択。
  • 中国共産党第16回全国代表大会(~14日,北京)。
11月 9日(土)
  • 朝鮮総聯中央本部と社民党本部に銃弾と北朝鮮を批判する声明文の入った差出人不明の郵便物が郵送。
11月13日(水)
  • イラクが大量破壊兵器の査察に関する国連安全保障理事会の決議を受諾。
  • 南昇祐(ナム・スンウ)・朝鮮総聯副議長が記者会見し,朝鮮総聯の日本人拉致事件への関与を否定(東京都・朝鮮総聯中央本部)。
11月14日(木)
  • 公安調査庁,オウム真理教東京・新保木間施設に立入検査を実施。
  • 朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)理事会で,北朝鮮に対し,全ての核兵器開発計画の即時放棄を求める声明を採択するとともに12月以降の重油供給凍結を決定(ニューヨーク)。
11月15日(金)
  • 千葉県総合企画部交通計画課幹部宅放火事件発生(千葉県)(同21日,中核派が「革命軍」の犯行声明を都内報道機関に郵送)。
  • 中国共産党第16期中央委員会第1回全体会議(北京)において,胡錦濤総書記を中心とする新指導部が発足。
11月18日(月)
  • 在日米軍キャンプ座間金属弾発射事件発生(神奈川県)(同23日,革労協解放派・反主流派とみられる「革命軍」の犯行声明が都内報道機関に郵送された)。
11月19日(火)
  • テロ対策特別措置法に基づく海上自衛隊艦船による対米協力支援活動を半年間延長。
11月20日(水)
  • 陸上自衛隊朝霞駐屯地金属弾発射事件発生(東京都)(同23日,革労協解放派・反主流派とみられる「革命軍」の犯行声明が都内報道機関に郵送された)。
11月21日(木)
  • エルサレム南西部の路線バス車内で自爆テロが発生,実行犯1人を含む12人が死亡。イスラム過激派組織ハマスが犯行声明を発表。
11月27日(水)
  • 国連査察団がイラクに対する大量破壊兵器に関する査察を約4年ぶりに再開。
11月28日(木)
  • ケニア・モンバサのイスラエル資本のホテルで自爆テロが発生,実行犯3人を含む16人が死亡。ほぼ同時刻に,モンバサを離陸したイスラエルのアルキア航空機を狙い携帯型地対空ミサイルが発射されるテロ未遂事件が発生。「パレスチナ軍」を名乗る組織がこの2件のテロ事件に関する犯行声明を発表。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。