フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2003年6月

最近の内外情勢 2003年6月

6月 1日(日)
  • 国内諸団体が,全国各地で有事法制・イラク特措法案反対を唱え抗議行動を実施(~30日)。
  • 主要国首脳会議(G8サミット)開催(~3日)。北朝鮮に検証可能かつ不可逆的な形での核開発計画廃棄を要求するなどの「大量破壊兵器の不拡散に関するG8宣言」を発表(2日),北朝鮮の核開発,拉致問題に対する平和的,包括的解決を支持することを含む議長声明を採択(3日)(フランス・エビアン)。
6月 4日(水)
  • ブッシュ米国大統領,シャロン・イスラエル首相,アッバス・パレスチナ自治政府首相が会談。シャロン,アッバス両首相は,パレスチナ紛争解決に向けた新和平案「ロードマップ」(行程表)の実現に向けた決意を表明(ヨルダン・アカバ)。
6月 6日(金)
  • 盧武鉉・韓国大統領が訪日(~9日)。小泉首相と会談(7日)し,「新しい未来志向の両国関係」を強調したほか,対北朝鮮政策について米韓首脳会談及び日米首脳会談で合意した原則を再確認。
6月 9日(月)
  • 同日に新潟港に入港する予定であった北朝鮮の貨客船「万景峰92」が運航中止。
6月13日(金)
  • オウム真理教大阪・大阪施設への発砲事件が発生(「国賊征伐隊」を名乗る男が報道機関に電話で犯行声明)。
6月17日(火)
  • 公安調査庁,オウム真理教岡山・岡山施設に立入検査を実施。
6月18日(水)
  • 東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会合が開かれ,北朝鮮に核拡散防止条約(NPT)脱退の撤回と国際原子力機関(IAEA)への協力再開を要求することなどを盛り込んだ議長声明を発表(カンボジア・プノンペン)。
6月23日(月)
  • 同日に新潟港に入港する予定であった北朝鮮の貨客船「万景峰92」が運航中止。
6月24日(火)
  • イラク復興支援に関する事務レベル協議が開かれ,今年10月に正式な支援国会議を開催し,具体的な復興に関する支援策を決めることで合意(ニューヨーク)。
6月25日(水)
  • 朝鮮戦争勃発53周年にあたり,北朝鮮が国内で大規模な反米集会及びデモ行進を実施。
  • 「よど号」グループメンバー・田中義三が最高裁への上告を取り下げ,刑が確定(国外移送略取などの容疑で懲役12年)。
6月26日(木)
  • 公安調査庁,オウム真理教千葉・船橋施設に立入検査を実施。
6月29日(日)
  • イスラム原理主義組織「ハマス」と「イスラム聖戦」が対イスラエル攻撃を3か月間停止する旨,宣言。続いて,「パレスチナ解放機構(PLO)」主流派組織「ファタハ」も同攻撃を6か月間停止する旨,宣言。一方,イスラエル軍部隊が同日深夜,ガザ地区北部のパレスチナ自治区ベイトハヌーンから撤退。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。