フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2003年11月

最近の内外情勢 2003年11月

11月 4日(火)
  • 北朝鮮貨客船「万景峰92」が,乗客206人,貨物約50トンを載せ,午前9時ころ新潟西港に入港,翌5日午後4時頃,乗客129人,貨物約165トンを積載して元山港に向け出港。我が国から積み込まれた貨物には,北朝鮮の児童施設向けに贈った民間の支援米約50トンが含まれ,NGOメンバー4人が支援米の送付状況を確認するため同船で訪朝。
11月 8日(木)
  • サウジアラビア・リヤド中心部から西に10km離れたワディラバン地区の少数の欧米人のほか,サウジ人やアラブ諸国出身者が多く居住する集団住宅施設で,自動車爆弾によるとみられる自爆テロが起き,130人以上が死傷。
11月 9日(日)
  • 中核派が,東京・日比谷野外音楽堂に約2,150人を集め,労働者の国際連帯を呼び掛ける「全国労働者総決起集会」を開催し,自衛隊のイラク派遣反対などを主張。
11月11日(火)
  • 北朝鮮の外務省報道官が,声明を発表し,「日本植民地時代の人権被害に対する補償問題」を討議するための日朝政府間協議を可能な限り早い時期に開催することを提案。
11月12日(水)
  • イラク南部のナシリアにあるイタリア軍警察駐屯施設前で,爆発物を積んだとみられるトラックが爆発,イタリア人約20人を含む約30人が死亡,約80人が負傷。
11月14日(金)
  • ラムズフェルド国防長官が来日し,小泉首相と会談。日米両国がイラクの民主的政権樹立へ協力することで一致。また,北朝鮮に対する「安全の保証」文書については,「日米安保条約を害するようなことはしない」と表明。
11月15日(土)
  • トルコ最大の都市イスタンブールにある2か所のユダヤ教礼拝所(シナゴーグ)付近で,自動車を使用した爆弾テロがほぼ同時に起き,約20人が死亡,210人以上が負傷。
  • イラク北部のモスルで,米軍ヘリコプター「ブラックホーク」2機が住宅地に墜落し,少なくとも兵士17人が死亡,5人が負傷,1人が行方不明。ロケット弾に被弾した1機が近くを飛行していた別の1機に激突し,被害が拡大した模様。
11月16日(日)
  • アフガニスタン東部のガズニ州で,国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の車で市場を走っていたフランス人女性職員がバイクに乗った2人組に狙撃され,死亡。これにより,国連は同州での活動を停止,外国人職員に対して,首都カブールに戻るよう避難命令を発出。
  • テロ組織アルカイダの幹部を名乗る者が,サウジアラビアの週刊誌アルマジャラ(ロンドン発行)にメッセージを送付。メッセージは「彼ら(日本人)が自らの経済力を破壊し,神の軍勢に踏みにじられたいと思うなら,(自衛隊を)イラクに来させればよい」と述べ,「われわれの攻撃は東京に心臓部に達するだろう」と強調。
  • アルカイダ傘下の「アブハフス・アルマスリ旅団」を名乗る組織が,前日15日にトルコ・イスタンブールで起きた同時爆弾テロについて,犯行声明を電子メールでアラブ紙に送付。
11月17日(月)
  • 公安調査庁,オウム真理教東京・南烏山施設に立入検査を実施。
11月18日(火)
  • 在バグダッド日本大使館付近で早朝何者かが発砲。同大使館員に負傷者はなく,犯人は大使館のイラク人警備員が発砲に応戦したところ,車で逃走。
  • 北朝鮮貨客船「万景峰92」が,乗客150人,雑貨などの積み荷約46トンを載せ新潟西港に入港,翌19日,乗客193人,大型バスなどの積み荷約144トンを載せ出港。同船の入港に対して,「横田めぐみさん等拉致日本人救出の会・新潟」が抗議活動を実施。
11月20日(木)
  • トルコ最大の都市イスタンブールにある英国系のHSBC銀行と英国総領事館前でそれぞれ,自動車を使用したとみられる爆弾テロが起き,ショート英国総領事を含む27人が死亡,450人以上が負傷。
11月21日(金)
  • サウジアラビア紙アルマジャラに,アルカイダ幹部を名乗る者が,前日20日にトルコ・イスタンブールで起きた同時爆弾テロについて犯行を認めるメッセージを送付。同メッセージでは,「日本の最初の兵士がイラクの土を踏んだ瞬間に,アルカイダは東京の中心部を攻撃する」と我が国への報復も示唆。
11月22日(土)
  • イラクの首都バグダッド北方のバクバとハンバニサアドの警察署で,自動車を用いた爆弾テロが起き,警官や民間人少なくとも18人が死亡。一方,バグダッドでは,国際宅配便DHLの貨物機が離陸後,地対空ミサイル攻撃を受けて,バグダッド国際空港に帰港。
  • 朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)の理事会は,軽水炉建設を12月1日から1年間凍結することを正式に発表。ただこの間も琴湖の建設現場の保守管理に関する活動は継続。
11月29日(土)
  • イラク北部のティクリット近郊において,奥克彦・在英国日本大使館参事官と井ノ上正盛・在イラク日本大使館三等書記官の乗った車両が銃撃され,同2人と運転手が死亡。また,バグダッド南方で,スペイン情報機関員の乗った車両2台がロケット弾や銃による攻撃を受け,7人が死亡,1人が負傷。
11月30日(日)
  • イラク北部のティクリットの幹線道路において,送電塔建設のために派遣されていた韓国の民間人4人が,襲撃され死傷。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。