フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2005年1月

最近の内外情勢 2005年1月

1月 2日(水)
  • 右翼諸団体が,新年皇居参賀奉祝行動を実施(東京都千代田区・皇居周辺)
1月 7日(月)
  • 右翼諸団体が,「日教組第54次教育研究全国集会」反対活動を実施(~9日,札幌市白石区・札幌コンベンションセンター周辺)
1月 9日(日)
  • パレスチナ自治政府議長選挙が行われ,アッバス・パレスチナ解放機構(PLO)議長が当選。
1月11日(火)
  • イラク・サマワの自衛隊宿営地内に初めて,信管に装着されたロケット弾が着弾。
1月20日(木)
  • ブッシュ米国大統領の2期目の就任式(ワシントン)。
1月24日(月)
  • 北朝鮮を脱出したとみられる男女8人が北京の日本人学校の敷地内に駆け込み。
1月25日(火)
  • 元日本赤軍活動家,山本万里子(偽造有印私文書行使等の罪で執行猶予中)が窃盗の現行犯で逮捕(東京都内)。
1月26日(水)
  • 我が国政府が安否不明者10人に関する資料の精査結果を発表したことに対し,北朝鮮が「鑑定結果はねつ造」などとする文書を提出。
1月27日(木)
  • 公安調査庁,オウム真理教東京・南烏山施設(教団が所有・管理する施設のうち,実質的な教団本部としての機能を有する)に対する立入検査を実施。同施設には,麻原彰晃の唱えるマントラ(呪文)を流して水や食品を“浄化”するための「修法室」と称する部屋が設けられていることや,施設内の道場では,教団信徒が,前記マントラを流し,麻原の映像が映し出されたビデオテープを視聴しながら修行している実態を確認するなど,教団が依然として麻原の影響下にあることなどを把握。
1月28日(金)
  • 東京地裁は,オウム真理教信徒らが,中国から輸入した医薬品成分を含む塗り薬を無許可販売した薬事法違反事件で,「教団は,過去に無差別大量殺人事件等を起こし,現在,観察処分に付され,教団信者には法の順守が強く求められているにもかかわらず,被告人らは,過去の重大事件の反省を活かすことなく,再び教団として組織的に本件犯行に及んだ」などと指摘し,信徒6人に有罪判決を言い渡し。
1月30日(日)
  • イラクで暫定国民議会選挙が実施。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。