フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2005年7月

最近の内外情勢 2005年7月

7月 6日(水)
  • 主要国首脳会議(G8サミット)が行われ(~8日,英国・グレンイーグルズ),8日にはブレア首相が「7日にロンドンで発生したテロを非難するとともに,テロ対策への取組を強化する」,「北朝鮮に6者協議への復帰を要請する」などの議長総括を発表。
7月 7日(木)
  • 英国・ロンドンの地下鉄3か所とバス1か所で爆発が起き,56人が死亡,邦人1人を含む約700人が負傷。
  • 公安調査庁は,オウム真理教岐阜・美濃加茂(本郷,西,関)施設に対する立入検査を実施。
7月14日(木)
  • 公安調査庁は,オウム真理教埼玉・東大宮施設に対する立入検査を実施(~15日)。
7月21日(木)
  • 英国・ロンドンの地下鉄2か所とバス1か所で小規模な爆発が起き(その他,地下鉄1か所で爆発物が不発),1人が負傷。
7月23日(土)
  • エジプトのシャルム・エル・シェイクにあるホテル,市場など3か所で爆発が起き,50人以上が死亡,約150人が負傷。
7月25日(月)
  • 公安調査官によるオウム真理教信徒の職場調査をめぐって,教団が提起した国家賠償請求訴訟で,東京地方裁判所は,調査の適法性を認め,同請求を棄却。
7月26日(火)
  • 北朝鮮の核問題をめぐる第4回6者協議が行われ,参加国間で共同文書採択を目指したが,「核放棄の対象」などをめぐり協議が難航したため,8月7日に休会。
7月27日(水)
  • 公安調査庁は,オウム真理教東京・保木間施設に対する立入検査を実施。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。