フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2006年10月

最近の内外情勢 2006年10月

10月 1日(日)
  • イスラエル軍は,レバノンのシーア派イスラム主義組織ヒズボラとの戦闘停止を求めた国連安全保障理事会の決議に基づいて,2か月振りにレバノン南部からの撤退をほぼ完了。
10月 7日(土)
  • 海上保安庁と韓国の調査船が,竹島周辺海域を含む日本海における放射性廃棄物の汚染状況について共同調査(1995年以来)を実施(~14日)。
10月 8日(日)
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟北原派及び支援の過激派が,成田空港の「暫定平行滑走路北延伸工事粉砕」などを掲げて,「全国総決起集会」を開催(千葉)。
  • 安倍首相は,中国を訪問し,胡錦濤国家主席及び温家宝首相などと会談。我が国首相の北京訪問は,2001年10月以来。
10月 9日(月)
  • 北朝鮮の朝鮮中央通信社を始めとする各報道機関は,北朝鮮の地下核実験実施を報道。11日,我が国政府は,首相官邸で安全保障会議を開き,地下核実験実施を表明した北朝鮮に対する我が国独自の新たな制裁措置を決定。27日,我が国政府は,北朝鮮が核実験を行った蓋然性が極めて高いと判断。
  • 安倍首相は,韓国を訪問し,盧武鉉大統領と会談。
10月15日(日)
  • 国連安全保障理事会は,公式会合において,核・ミサイル関連物質の禁輸,金融資産凍結及び貨物検査の実施などの対北朝鮮制裁を発動する決議案を全会一致で採択。
10月16日(月)
  • 右翼団体が,北朝鮮の核実験実施に抗議する全国統一行動を実施(全国各地)。
10月20日(金)
  • 共産党や過激派などが,「国際反戦デー」に当たり,「イラクからの自衛隊撤退」,「憲法・教育基本法の改悪反対」などを掲げて,集会・デモを実施(~22日,全国各地)。

10月25日(水)
  • 公安調査庁は,オウム真理教・仙台施設,南烏山施設,大阪施設など上祐派の活動拠点である6施設に対する立入検査を実施(~26日,宮城,東京,大阪など)。

10月27日(金)
  • 尖閣諸島の中国領有権を主張する香港の活動家を乗せた抗議船が,尖閣諸島上陸を計画し,我が国の領海内に侵入。同船は,海上保安本部の巡視船艇により,上陸せずに領海外に。
10月31日(火)
  • 中国外務省は,6者協議に参加する米国,中国及び北朝鮮の首席代表が同協議の再開に合意した旨発表。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。