フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2008年7月

最近の内外情勢 2008年7月

7月4日(金)
  • 過激派を始めとする国内諸団体が,北海道洞爺湖サミット(7月7~9日,ザ・ウィンザーホテル洞爺)に反対して,札幌市内や洞爺湖町周辺で,集会・デモ,街頭宣伝活動などを実施し,「環境破壊を促進するサミット反対」,「強盗会議=サミット粉砕」などを訴え(~9日,北海道)。
7月7日(月)
  • 北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)が開幕(~9日)。最終日の9日には,福田首相が,原油・食料価格上昇問題に取り組む必要性などに言及した,北海道洞爺湖サミット議長総括を発表。同総括は,北朝鮮に対して,拉致問題の早期解決に向けた速やかな行動も要請。また,各国首脳の来日に合わせ,日米(6日),日露(8日),日中(9日)間等の首脳会談も開催。
  • 右翼団体が,北海道洞爺湖サミット開催に際して,「北方領土奪還」「チベット弾圧反対」などを主張する街宣活動,過激派集会への抗議活動を実施(~9日,北海道,東京など)。
  • アフガニスタンの首都カブール市内のインド大使館の正門付近で,爆弾を積載した車が爆発,インド人外交官を含む41人が死亡。
7月9日(水)
  • 共産党が,北海道洞爺湖サミットについて,日米両国は地球温暖化問題などで責任を果たせなかった,と批判する見解を発表。
7月10日(木)
  • 北京で,6者協議首席代表者会合が開催(~12日)。6者会合の枠組みの中に,朝鮮半島の非核化を検証するための検証メカニズムや,6者それぞれの約束の尊重・履行の確保を任務とする監視メカニズムを設置すること等で合意。
7月11日(金)
  • 共産党が,第6回中央委員会総会を開催し,民主党の政治姿勢を自民党と「同質・同類」と批判(~12日,東京)。
  • 北朝鮮の金剛山で,韓国人女性観光客が北朝鮮兵士の銃撃を受け,死亡。
7月13日(日)
  • 中核派系団体などが,「関空の軍事空港化阻止」などを訴える「7・13関西新空港反対全国集会」を開催(大阪)。
7月16日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教「京都施設」に対する立入検査を実施(京都)。
7月19日(土)
  • 過激各派が,神奈川県横須賀市・ヴェルニー公園で開催された「原子力空母の横須賀母港化を許すな7・19全国集会」会場周辺で,「核空母ジョージ・ワシントンの母港化絶対阻止」,「基地撤去・安保破棄を目指して闘おう」などと訴える宣伝活動を実施(神奈川)。
7月21日(月)
  • 中国雲南省昆明市内で,2台の路線バスが相次いで爆発,計16人が死傷。
7月23日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教「大阪施設」(大阪),「横浜西施設」(神奈川)に対する立入検査を実施。
  • シンガポールで,6者外相非公式会合が開催。6者外相による会合は,非公式ながら今回が初めて。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。