フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2009年8月

最近の内外情勢 2009年8月

8月2日(日)
  • 革マル派が,第47回国際反戦中央集会を開催(東京)。
  • 中核派中央派が,革共同政治集会を開催(東京)。
8月3日(月)
  • アイマン・アル・ザワヒリが,ビデオ声明をジハーディスト系ウェブサイトに掲載。同声明は,オバマ大統領の中東政策について,ブッシュ政権時と変わらないなどと批判。
8月4日(火)
  • 北朝鮮が,クリントン元米大統領の訪朝(~5日)を受け入れ,金正日総書記が会談(4日)の上,拘束中であった米国人女性記者を釈放(5日)。
8月5日(水)
  • 右翼団体が,米国の原爆投下に抗議する「核兵器廃絶原爆犠牲者追悼恒久平和運動」,「原爆投下を考える青年有志街宣行動」を実施(広島)。
8月7日(金)
  • ロシア外務省が,我が国による北方領土に居住するロシア人に対する医薬品などの人道支援物資について,今後の受け入れ停止を表明。
8月8日(土)
  • オウム真理教上祐派が「夏季集中セミナー」を開催(~9日・大阪,12~16日・東京)。
8月9日(日)
  • 右翼団体が,「反ロデー」に際して「北方領土奪還」を主張する街宣活動や在日ロシア公館への抗議活動などを実施(東京,大阪,北海道など)。
8月10日(月)
  • 北朝鮮が,マスゲームと芸術公演「アリラン」を開始。
  • 北朝鮮が,玄貞恩韓国現代グループ会長の訪朝(~17日)を受け入れ,金正日総書記が会談(16日)の上,拘束中であった現代峨山社員を釈放(13日)。また,北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会が,現代グループとの共同報道文を通じて,5項目合意(金剛山観光の早期再開及び北朝鮮側による安全保障,南北間陸路通行制限の解除,開城観光の即時再開及び開城工業団地事業の活性化,白頭山観光の推進,秋夕[旧盆,本年は10月3日]期間の南北離散家族再会)を発表(17日)。
8月11日(火)
  • ミノロフ・ロシア上院議長が,北方領土を訪れ,「四島(国後島,択捉島,色丹島及び歯舞群島の4島=北方領土)はロシアの領土である」旨発言。また,同地域の観光特区化構想にも言及。
8月12日(水)
  • 北朝鮮外務省の魯正秀研究員が,共同通信社と会見し,我が国の衆議院総選挙に関し,「どのような政権になろうと,共和国への敵視政策を放棄しない限り,日朝関係に何の変化もない」などと主張。
8月14日(金)
  • オウム真理教主流派が,「特別セミナー」を開催(~16日,茨城)。
8月15日(土)
  • 右翼団体が,終戦記念日に際して,靖国神社及び護国神社への参拝や戦没者慰霊祭へ参列のほか,「靖国神社国家護持」などを主張する街宣活動を実施(全国各地)。
8月17日(月)
  • 朝鮮人民軍最高司令部が,米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」(~27日)の開始に伴い,「全軍,全国民に対し,特別警戒態勢に入るよう命令した」旨の報道文を発表。
  • 武大偉中国外交部副部長が訪朝し(~21日),楊亨燮最高人民会議常任委員会副委員長,朴宜春外相,金桂官外務次官と会談し,「朝中親善関係や地域情勢を含む共通の関心事となる諸問題」について意見交換。
8月18日(火)
  • 金大中元韓国大統領が死去。韓国政府が,国葬(~23日)及び告別式(23日,ソウル)を開催。北朝鮮が,金己男党書記,金養建党統一戦線部長ら6人の弔問団を派遣(21~23日)。同弔問団は,韓国滞在中,李大統領を表敬訪問し,金正日総書記の「南北協力の進展に関する口頭メッセージ」を伝達。
8月19日(水)
  • イラクの首都バグダッドの中心部にある政府庁舎周辺で,連続爆発が発生。少なくとも95人が死亡,500人以上が負傷。
8月24日(月)
  • 国連大陸棚限界委員会が,米ニューヨークの国連本部で開会。中国の国連代表部は,我が国が太平洋南方・南東方海域での大陸棚拡張の根拠とする沖ノ鳥島について,「岩であり,大陸棚を設定する権利はない」旨の意見書を提出。
8月25日(火)
  • アフガニスタン南部のカンダハルで,自動車を使った爆弾テロが発生。少なくとも41人が死亡,66人が負傷。
8月26日(水)
  • 北朝鮮と韓国が,南北赤十字会談を開催し(~28日,金剛山),9月26日~10月1日に金剛山で離散家族再会事業を開催することなどで合意。
8月29日(土)
  • 北朝鮮が,日本海の北方限界線(NLL)を越境したとして7月30日に拿捕した韓国漁船及び乗組員を解放。
8月30日(日)
  • 過激各派が,9月1日の「防災の日」にちなんで,合同で実施された「第30回八都県市合同総合防災訓練」などに対し,「自衛隊の治安出動訓練反対」を掲げた抗議行動を実施(~9月1日,東京など)。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。