フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2010年6月

最近の内外情勢 2010年6月

6月2日(水)
  • 「ピース・ジルガ」(国民和平会議)が,アフガニスタン・カブールで開催され,議員や部族長ら約1,600人が参加。「タリバン」を始めとする武装勢力との和解策などについて協議。
6月7日(月)
  • 北朝鮮が,最高人民会議第12期第3回会議(平壌)を開催。金正日総書記が出席。張成沢国防委員を国防委副委員長に選任したほか,金英逸総理を解任し,崔永林党政治局候補委員(平壌市党責任書記)を新総理に選出。また,副総理や一部閣僚の解任・任命人事を実施。
6月8日(火)
  • 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が,我が国の「北朝鮮特定貨物検査特措法」成立(5月28日)に関し,「制裁には報復で,対決には全面対決で応えるのは,我が方の確固不動の意思であり,自主的対応方式である」などと主張する論評を掲載。
6月11日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・南烏山施設,足立入谷施設に対して立入検査を実施(東京)。
南烏山施設立入検査状況(6月11日)
南烏山施設立入検査状況(6月11日)

足立入谷施設立入検査状況(6月11日)
足立入谷施設立入検査状況(6月11日)
6月12日(土)
  • 過激派が,北海道,東京,大阪,沖縄など全国10か所において,「日米安保粉砕」を掲げた反安保闘争を実施(~20日)。
  • 北朝鮮の人民軍総参謀部が,「重大布告」を発表。韓国哨戒艦沈没事件を受け,韓国側が軍事境界線一帯に対北宣伝放送用の拡声器を設置していることに対し「ソウルの火の海まで見越した軍事的打撃」を警告。
6月14日(月)
  • 共産党が,党本部において,「参院選勝利全国いっせい決起集会」を開催(東京)。
6月17日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・仙台施設に対して立入検査を実施(宮城)。
6月23日(水)
  • 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が,菅総理の所信表明演説(6月11日)について「目新しいもののない体面維持,政治的処世術に過ぎない」などと批判。
6月24日(木)
  • 中国政府が,在新潟中国総領事館を開設,初代総領事に王華前江蘇省外事弁公室主任が就任。
6月25日(金)
  • 北朝鮮が,朝鮮戦争開始60周年に際し,「『6・25米帝反対闘争の日』平壌市反米軍民大会」(平壌・金日成広場,約12万人)を開催し,韓国哨戒艦沈没事件を米韓による「特大型反共和国謀略」と非難,「自衛的核抑止力を強化する道を引き続き進む」と強調。
6月26日(土)
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が,「党最高指導機関選挙のための党代表者会を9月上旬に召集する」旨の「党中央委員会政治局決定書」(23日付)を発表。
  • 菅人総理とロシアのメドヴェージェフ大統領が,カナダ・ムスコカ(G8サミット開催地)で会談。今後,様々な機会を利用して,領土問題を含め,日ロ双方の関心事について前進を図っていくことで一致。
  • カナダ・トロントで,20か国・地域首脳会議(G20サミット)に抗議するデモ隊の一部が暴徒化し,警察車両に放火するなど警官隊と衝突したほか,銀行や商店を襲撃。警察当局が400人以上を逮捕。
6月27日(日)
  • 菅総理と中国の胡錦濤国家主席が,カナダ・トロント(G20サミット開催地)で会談し,「戦略的互恵関係」の強化等を確認。また,胡主席は,日中関係の強化に関し,「政府・政党・議会・防衛当局間の交流・対話の強化」等の5項目を提案。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。