フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2010年8月

最近の内外情勢 2010年8月

8月1日(日)
  • 革マル派が,第48回国際反戦中央集会を開催(東京)。
8月3日(火)
  • 共産党が,党創立88周年記念講演会を開催(東京)。
8月5日(木)
  • 韓国軍が,対潜水艦合同訓練を実施(~9日,黄海)。これに対し,北朝鮮の朝鮮人民軍前線西部地区司令部は,同3日,同訓練について「強力な物理的対応打撃で鎮圧する」と警告,漁船を含む民間船舶に訓練海域での航行自粛を要請。また,同演習終了後の同9日,黄海上の北方限界線(NLL)付近に向け砲撃110発余りを発射し,うち10発余りが韓国側海域(白?島付近,NLL南側1~2km地点)に着弾。
8月6日(金)
  • アフガニスタン北東部で,医療援助活動に当たっていた米国人を含む医師団10人が死亡。反政府武装勢力の「タリバン」が殺害を肯定。
8月7日(土)
  • オウム真理教上祐派が,「夏期セミナー」を開催(~8日・大阪,11~15日・東京)。
  • 岡田克也外相が,「中央アジア+日本」対話第3回外相会合(ウズベキスタン・タシケント)に出席,日本と中央アジアの経済交流促進のため,2011年3月までに「日・中央アジア経済フォーラム」を開催することを提案。
8月9日(月)
  • 右翼団体が,「反ロデー」に際して「北方領土奪還」を訴える街宣活動や在日ロシア公館に対する抗議活動を実施(東京,大阪,北海道など)。
  • インドネシア警察当局が,東南アジアのイスラム過激派組織「ジェマー・イスラミア」(JI)の創設者とされるアブ・バカル・バシール師をアチェの武装集団に対する資金支援に関与していた疑いなどで逮捕。
8月13日(金)
  • 北朝鮮の宋日昊外務省朝日会談担当大使が,共同通信との会見(平壌)で,日本政府が10日に発表した「日韓併合100年」に際しての菅人総理の談話について,「謝罪すべき内容が盛り込まれておらず,すべての朝鮮人民に失望感を与えた」と非難。また,日朝関係について,「様々な制裁を解除することが関係改善の第一歩になるのではないか」などと発言。
8月15日(日)
  • 過激派が,「反靖国行動」を実施(東京)。
  • 右翼団体が,終戦記念日に際して,靖国神社や護国神社を参拝したほか,「靖国神社国家護持」などを訴える街宣活動を実施(全国各地)。
8月16日(月)
  • 米韓両国が,合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」を実施(~26日)。これに対し,朝鮮人民軍総参謀部報道官は,15日,談話で,「無慈悲な対応の鉄槌を下す」などと警告。
  • 武大偉中国朝鮮半島問題特別代表が,訪朝(~18日)。金永日朝鮮労働党部長,朴宜春外相らと会談し,6者協議再開などについて協議。
8月17日(火)
  • イラク・バグダッドで,軍の兵士採用施設を狙った自爆テロが発生し,兵士志願者ら60人以上が死亡。「アルカイダ」系の「イラク・イスラム国」(ISI)が犯行声明を発表。
8月21日(土)
  • 北朝鮮の新義州地域で洪水被害が発生。鴨緑江の水豊湖周辺地域に降った豪雨の影響により,下流域の新義州市内及び中州の威化島などが浸水。農地2,458ヘクタールが冠水。
8月25日(水)
  • カーター元米大統領が,訪朝(~27日)。金永南最高人民会議常任委員長,朴宜春外相らと会談。北朝鮮は,拘束していた米国人・アイジャロン・マーリ・ゴメスを釈放。
8月26日(木)
  • 北朝鮮の金正日総書記が,訪中(~30日)。中国の胡錦濤国家主席,戴秉国国務委員らと会談したほか,吉林省吉林市・長春市,黒竜江省ハルビン市を訪問。
8月28日(土)
  • 第3回日中ハイレベル経済対話が北京で開催,日本側から,岡田外相,野田佳彦財相らが,中国側から王岐山副総理,楊潔?外交部長らが出席,省エネ・環境保護,流通・物流,金融などの分野での協力を推進することで一致。
  • 武大偉中国朝鮮半島事務特別代表が,来日(~31日)。31日,仙谷由人官房長官,岡田外相を表敬訪問,北朝鮮の非核化をはじめとする諸問題の解決に向け,両国の間で緊密に意思疎通していくことを確認。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。