フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2013年3月

最近の内外情勢 2013年3月

3月2日(土)
  • 中国の李源潮国家副主席が,訪中した日中経済協会代表団と会見し,「共に努力し,話し合いで衝突を回避し,問題を解決する道がある。難しい問題だが,解決を信じている」旨発言。
3月3日(日)
  • 北朝鮮の朝鮮人民軍最高司令部が,米韓合同軍事演習の実施を非難するとともに,「朝鮮休戦協定の効力を全面白紙化する」などとする声明を発表。
3月5日(火)
  • 北朝鮮の朝鮮人民軍最高司令部が,米韓合同軍事演習の実施を非難するとともに,「朝鮮休戦協定の効力を全面白紙化する」などとする声明を発表。
3月6日(水)
  • 中国の「海監船」(国家海洋局所属)3隻及び「漁政船」(農業部漁業局所属)2隻が,尖閣諸島沖の我が国領海内に侵入。12日及び18日にも同様の侵入行為。
3月7日(木)
  • 国連安全保障理事会が,北朝鮮の核実験を非難する決議第2094号を全会一致で採択。これに対し,北朝鮮外務省は,「米国の極悪な対朝鮮敵視政策に国連安保理が悪用された醜悪な産物である」と非難(8日)。
3月8日(金)
  • 中国国家測絵局の李明徳副局長が,「(尖閣諸島・魚釣島に)測量隊員を派遣して測量を行い,さらに測量標識を設置しなければならない」旨発言。
3月9日(土)
  • 中国の楊潔篪外交部長が,記者会見において,「日本側は現実を直視し,誤りを正すべき。中国側と一緒に対話と協議を通じ,事態がエスカレートして制御不能になるのを防止すべき」旨主張。
3月12日(火)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・札幌施設に対して立入検査を実施(北海道)。
3月14日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・保木間施設に対して立入検査を実施(東京)。
保木間施設立入検査実施状況(3月14日)
保木間施設立入検査実施状況
3月18日(月)
  • 我が国政府が,北朝鮮を仕出地とする第三国向けの海上貨物について,税関による提出命令を発出した旨発表。
3月19日(火)
  • イラクのバクダッド中心部及びサドル・シティなどのイスラム教シーア派居住区において,自動車爆弾テロが連続して発生。少なくとも50人が死亡,171人が負傷。「アルカイダ」関連組織「イラクのアルカイダ」(AQI)が犯行声明を発出。
3月22日(金)
  • 中国の李源潮国家副主席が,訪中した日中経済協会代表団と会見し,「共に努力し,話し合いで衝突を回避し,問題を解決する道がある。難しい問題だが,解決を信じている」旨発言。
3月24日(日)
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟北原派及び支援の過激派が,「3・24全国総決起集会」を実施(千葉)。
3月25日(月)
  • 朝鮮総聯が,中央委員会第22期第4回会議拡大会議(東京都,朝鮮中央会館)を開催。規約の改定,中央常任委員会専門部署の改編,中央幹部の人事異動を実施。
3月29日(金)
  • 東京地裁が,朝鮮中央会館(朝鮮総聯中央本部)の競売(期間入札・3月12~19日)において,同会館(土地・建物)を落札した宗教法人・最福寺(鹿児島市,池口恵観法主)への売却許可を決定。
3月31日(日)
  • 北朝鮮が,朝鮮労働党中央委員会2013年3月全員会議(平壌)で,「経済建設・核武力建設並進路線」に関する決定書を採択。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。