本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国を当事者とする訴訟などの統一的・一元的処理 > 「国に関する訴訟情報」 > 係属中の主な訴訟の概要 > 基地関係訴訟

基地関係訴訟

訴訟の概要

 本件は,基地周辺に居住する原告の方々が,基地に離着陸する米軍又は自衛隊の航空機が発する騒音等により,身体的・精神的被害等を被ったとして,国に対し,一定の時間帯における航空機の離着陸の差止め,損害賠償等を求めている事案です 。

国側の主張

 最高裁判所判例(厚木基地騒音訴訟最高裁判所判決等)では,自衛隊機の離着陸等の差止請求は不適法とされており,また,米軍機の離着陸等の差止請求は国に対してその支配の及ばない第三者の行為の差止めを求めるものであり主張自体失当であるとされています。
 国は,この最高裁判所判例に基づき,自衛隊機及び米軍機の離着陸等の差止請求については,訴え却下及び請求棄却を求めています。損害賠償請求についても,受忍限度を超える被害が現に生じていることについて,個々の原告ごとに個別的に立証されなければならないとして,請求棄却を求めています。
 また,将来分の損害賠償請求について,最高裁判所判例(大阪国際空港最高裁判所判決,横田基地最高裁判所判決等)では,空港周辺住民の航空機騒音に係る将来分の損害賠償請求権について,将来給付の訴えを提起することのできる請求権としての適格を有さないとされており,国はこれらの最高裁判所判例に基づき,訴えが不適法であると主張しています。

係属裁判所

 福岡高等裁判所那覇支部(普天間基地訴訟),福岡高等裁判所那覇支部(嘉手納基地訴訟),金沢地方裁判所(小松基地訴訟),広島高等裁判所(岩国基地訴訟),東京地方裁判所立川支部(横田基地訴訟),横浜地方裁判所(厚木基地訴訟)(平成29年5月31日現在)
ページトップへ