検索

検索

×閉じる
トップページ  >  政策・審議会等  >  省議・審議会等  >  審議会  >  法制審議会-民事訴訟法(IT化関係)部会  >  民事訴訟において被害者の氏名等を相手方に秘匿する制度についての「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する追加試案」(令和3年7月30日)の取りまとめ

民事訴訟において被害者の氏名等を相手方に秘匿する制度についての「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する追加試案」(令和3年7月30日)の取りまとめ

民事訴訟法(IT化関係)部会第15回会議(令和3年7月30日開催)において,民事訴訟において被害者の氏名等を相手方に秘匿する制度につき「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する追加試案」が取りまとめられました。
 
「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する追加試案」【PDF】
 
また,事務当局において,「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する追加試案」の内容を御理解いただく一助とする趣旨で,項目ごとに詳細な説明を加えた「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する追加試案の補足説明」を作成いたしました。
 
「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する追加試案の補足説明」【PDF】
 
この「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する追加試案」については,パブリック・コメントの手続を令和3年10月4日までの期間で実施いたします。パブリック・コメントの手続の詳細については,電子政府の総合窓口(e-Gov)のホームページ(https://www.e-gov.go.jp/)を御覧ください。