検索

検索

×閉じる
トップページ  >  会見・報道・お知らせ  >  プレスリリース  >  令和4年のプレスリリース  >  債権回収会社(サービサー)の業務状況について
報道発表資料
令和3年12月31日現在において営業を行っているサービサーに対し、その業務状況について調査した結果は、次のとおりです。
1 営業会社数 76社
  前回調査時(令和2年12月31日現在)の76社から新たに1社が営業の許可を受け、1社が廃業となりました。
 
2 累積取扱債権数 2億1914万件
  うち、当期取扱債権数は1101万件(譲受債権84万件、受託債権1017万件)であり、前期取扱債権数1180万件から6.7%減少し、昨年から2年連続の減少となりました。
     
3 累積取扱債権額 474兆7044億円
  うち、当期取扱債権額は10兆7691億円(譲受債権6596億円、受託債権10兆1095億円)であり、前期取扱債権額11兆3964億円から5.5%減少し、平成30年から4年連続の減少となりました。
     
4 累積回収額 57兆5181億円
  うち、当期回収額は1兆7723億円(譲受債権1040億円、受託債権1兆6683億円)であり、前期回収額1兆7615億円から0.6%増加しました。

  (注)
       1 当期とは、令和3年1月1日から令和3年12月31日までを指します。
       2 取扱債権数、取扱債権額及び回収額(以下,併せて「取扱債権数等」という。)の累積は、債権管理回収業に関する特別措置法が施行された平成11年2月1日から当期末までの取扱債権数等の累計です。
       3 数値は原則として単位未満で四捨五入しています。このため、合計と内訳の計は必ずしも一致しません。
       4 業務状況の推移や、当期における取扱債権数等の詳細は、以下のPDFデータを参照願います。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。