法務省

法務省矯正職員
採用サイト

法務省矯正職員採用サイト

お問い合わせ

心理技官
(矯正心理専門職)

業務内容

非行少年への指導・支援

非行少年の鑑別や外来相談(少年鑑別所の鑑別部門(考査))

鑑別とは、非行に関わった少年・少女に対して、なぜ非行をしたのか分析し、立ち直り・改善更生に向けた方法を提案する仕事です。
面接では、じっくり時間を掛けて、彼らの気持ちに耳を傾けたり、さまざまな心理検査を行ったりします。
そして、その結果を「鑑別結果通知書」というレポートにまとめ、家庭裁判所に提出します。
また、少年鑑別所は「法務少年支援センター」という名称で、非行・犯罪に関する問題や、子どもたちの行動理解等に関する知識・ノウハウを活用して、親や学校、地域の関係機関と協力しながら、地域全体の非行及び犯罪の防止に向けた様々な活動を行っています。
心理技官は、地域の一般の方々の犯罪・非行、家族関係等に関するお悩みについて、心理相談等も行っています。

受刑者などの処遇調査や教育プログラムの実施

受刑者などの処遇調査や教育プログラムの実施(刑務所などの分類・教育担当)

刑務所などで、受刑生活が始まるに当たって、受刑者の性格や能力などを調査し、どのような刑務作業に従事するのがよいか、また、再犯リスクのアセスメントを実施し、どのような再犯防止のための指導を受講すればよいか、方針を示しています。
再犯防止のための指導であるプログラムを実施したり、受刑者の中の希望者に対するカウンセリングを実施したりもしています。

非行少年への支援・指導

非行少年への支援・指導(少年院の教育部門/調査・支援部門)

家庭裁判所の審判(大人でいう裁判)の結果、「少年院送致」となった少年・少女たちに対して、特性に応じた適切な教育(矯正教育)と円滑な社会復帰を図るためのさまざまな支援(社会復帰支援)を行います。
具体的には、彼らの個別担任として日々の生活に寄り添い、一人ひとりに直接働きかけを行ったり、非行や家族、交友関係など彼らが抱えている問題に応じた小集団を構成し、プログラムなどを実施しています。また、コミュニケーションスキルを始め、社会で生きていくために必要なスキルを身に付けるための指導も行います。
少年院に入ったときの調査や、社会復帰後に就労・修学する職場・学校や医療・福祉機関等との調整、帰る場所の確保など出院後の生活に向けた支援も行います。

映像資料

心理技官~非行臨床の最前線で活躍する専門家~