フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2021年3月

最近の内外情勢 2021年3月

3月3日(水)
  • 北朝鮮の最高人民会議常任委員会が,第14期第13回全員会議を開催,「社会保健・社会保障法」,「輸入物資消毒法」などの法令と2021年人民経済発展計画を採択。
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が,第1回市・郡党責任書記講習会を開催(6日まで)。金正恩総書記が演説したほか,趙勇元(チョ・ヨンウオン)党書記(政治局常務委員)らが登壇し,地方の発展に向けた市・郡党責任書記の役割や課題を提示。
3月5日(金)
  • 中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議が開幕(~11日)。11日に,中長期的な政策方針を定めた「国民経済・社会発展第14次5か年計画及び2035年長期目標」のほか,全人代常務委員会に国務院副総理らの任免権を付与する「全人代組織法」修正案,「香港特別行政区の選挙制度整備に関する全人代の決定草案」などを採択。
3月17日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・福岡施設に対して立入検査を実施(福岡)。
3月18日(木)
  • 中国海軍艦艇3隻が,対馬海峡を北上し日本海へ向けて航行。25日には,同3隻が,対馬海峡を南下し東シナ海へ向けて航行。
  • 楊潔篪中国共産党政治局委員・中央外事工作委員会弁公室主任及び王毅国務委員兼外交部長が,3月18,19の両日,米アラスカ州のアンカレジで米国のブリンケン国務長官及びサリバン大統領補佐官と「米中ハイレベル戦略対話」を実施。
  • プーチン大統領が,バイデン大統領から「殺人者」との認識を示されたことに対し,米国の我が国への原爆投下を引き合いに出し,「これは軍事的には全く無意味で,民間人の虐殺であった」と批判。
3月19日(金)
  • 北朝鮮外務省が,北朝鮮人被告を米国に引き渡したマレーシア当局を非難し,マレーシアとの外交関係を断絶することを宣言。米国に対しても「相応の代価を支払うことになる」と警告。
3月23日(火)
  • 北朝鮮の金正恩総書記が,中国の習近平国家主席と口頭親書を交換,中朝間の親善,協力関係を確認。
3月25日(木)
  • 北朝鮮が,東部の咸鏡南道・宣徳付近から弾道ミサイル2発を東方向に発射。北朝鮮メディアは,翌26日,「国防科学院が25日,新たに開発した新型戦術誘導弾の試験発射を行った」と報道。
3月26日(金)
  • 台湾国防部が,「本日,中国の軍用機20機(対潜哨戒機『Y-8』2機,早期警戒機『KJ-500』1機,爆撃機『H-6K』4機,戦闘機『J-16』10機,同『J-10』2機,技術偵察機『Y-8』1機)が台湾南西の防空識別圏に進入した。このうち,爆撃機『H-6K』と対潜哨戒機『Y-8』は台湾の南東にも進入したが,台湾海峡の中間線は越えなかった」旨発表。
3月28日(日)
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟北原派及び支援過激派が,「3・28芝山現地闘争」を開催(千葉)。
3月29日(月)
  • 中国軍機2機が,東シナ海から太平洋に向けて往復飛行。
3月30日(火)
  • 中国の全人代常務委員会が,香港基本法付属文書1(行政長官の選出規則)及び同文書2(立法会の選出規則)の変更案を可決。主な変更点は,候補者資格審査委員会の新設,立法会議員選挙における直接選挙枠の削減など。
3月31日(水)
  • 国連安保理の北朝鮮制裁委員会専門家パネルが最終報告書を公表。北朝鮮の核開発について「高濃縮ウランの生産を含む核計画を継続している」としたほか,北朝鮮が各国の国防産業や金融機関,暗号資産交換業者などを標的に,軍事技術や金銭(暗号資産を含む)の窃取を企図した不正なサイバー活動を展開しているとの見解を表明。

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 選考採用募集中!!
  • パブリック・コメント
  • 国際テロリズム要覧2021
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。