フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2021年4月

最近の内外情勢 2021年4月

4月 3日(土)
  • 中国海軍艦艇6隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し,太平洋へ向けて航行。26日,沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し,東シナ海へ向けて航行。
4月 4日(日)
  • 中国軍機1機が,東シナ海・太平洋間を往復飛行。
  • 中国海軍艦艇1隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し,太平洋に進出。同日,沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し,東シナ海へ向けて航行。
4月 6日(火)
  • 北朝鮮体育省ウェブサイト「朝鮮体育」は,朝鮮オリンピック委員会が東京オリンピック不参加を決定したことを発表。
4月 9日(金)
  • ロシア外務省のザハロワ報道官が定例会見で,我が国の高校の歴史,地理,公共の新たな教科書において,北方領土を「我が国固有の領土」と明記するよう求めた文部科学省の教科書検定(結果公表日:3月30日)について,「ロシアに対する根拠のない領土要求キャンペーンをあおり立てている」などと批判。
4月12日(月)
  • 台湾軍当局が,中国の軍用機計25機(内訳:「爆撃機『H-6K』4機,戦闘機『J-10』4機,同『J-16』14機,早期警戒機『KJ-500』1機,対潜哨戒機『Y-8』2機)が同日,台湾南西の防空識別圏に進入した旨発表。
4月13日(火)
  • イランが,中部ナタンズの核施設に対する“攻撃”(4月11日)への対抗措置として,同施設においてウランの濃縮度を20%から60%に引き上げる作業を同14日から開始する旨発表。同17日,IAEAは加盟国に対し,ナタンズのパイロットウラン濃縮施設(PFEP)において,60%濃縮ウラン製造プロセスの開始が確認された旨報告。
4月14日(水)
  • 朝鮮中央通信が,金正恩総書記は故金日成主席生誕109周年に際して2億1,906万円の教育援助費と奨学金を朝鮮総聯に送ったと報道。
4月15日(木)
  • 米国財務省が,ロシアによる米国大統領選挙介入やサイバー攻撃への報復として,関係する組織,個人に対する制裁措置の実施を発表。併せて,米英両国政府は,昨年12月に発覚したサイバー攻撃につき,ロシア対外情報庁(SVR)のサイバー主体が実行した可能性が高いとして改めて非難。
4月16日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・新保木間施設に対して立入検査を実施(東京)。
  • 中国国家統計局が2021年第1四半期のGDP(国内総生産)を発表。第1四半期のGDPは24兆9,310億元(約415兆7,600億円)で,前年同期比18.3%増。
  • 日米両国が,首脳会談において,バイオテクノロジー,人工知能(AI),量子科学等の新興技術分野における競争力の強化で連携する旨合意し,両国の安全及び繁栄に不可欠な重要技術の育成及び保護しつつ,半導体を含む機微なサプライチェーンについても連携する旨表明。
4月17日(土)
  • オウム真理教主流派(「Aleph」)出家構成員が,公務執行妨害(4月16日の立入検査の際,公安調査官に対し右手首をつかむなどの暴行を加え,検査を妨害したもの)の容疑で警視庁に逮捕(同28日付けで不起訴処分)。
4月20日(火)
  • 習近平国家主席が,ボアオ・アジアフォーラム(海南省,18日~21日)の開幕式でオンラインによる基調講演をし,「世界の前途・運命は各国が共同で把握すべきであり,一つの国又は少数の国が制定したルールを人に押しつけてはならず,一部の国の一国主義が世界を従わせることがあってはならない」などと指摘。一方,気候変動問題をめぐっては,国際協力を推進し,「パリ協定」の実行を急ぐ意向を表明。
  • 警視庁公安部が,我が国の航空宇宙企業等へのサイバー攻撃に使用されたレンタルサーバを偽名で契約したとして,当時我が国に滞在していた中国共産党員の男を私電磁的記録不正作出及び同供用の疑いで東京地検へ送致。
4月22日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・甲賀信楽施設及び水口施設に対して立入検査を実施(滋賀)。
  • 内閣府が,同府や内閣官房等で外部とのファイルの送受信に利用しているファイル共有ストレージサービスが不正アクセスを受け,231人分の個人情報が漏えいした可能性がある旨発表。
4月23日(金)
  • オウム真理教主流派が,「ゴールデンウィーク集中セミナー」を開催(~5月9日,愛知など)。
4月27日(火)
  • 北朝鮮の金日成・金正日主義青年同盟が第10回大会を開催,名称を「社会主義愛国青年同盟」に変更。
4月29日(木)
  • 右翼団体が,「昭和の日」に際し,昭和天皇の遺徳を偲ぶ街宣活動や武蔵野陵参拝などを実施(東京,大阪など)。
4月30日(金)
  • 中国軍機2機が,東シナ海・太平洋間を往復飛行。
  • 中国海軍艦艇1隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し,太平洋に進出。

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 選考採用募集中!!
  • パブリック・コメント
  • 国際テロリズム要覧2021
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。