フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2021年9月

最近の内外情勢 2021年9月

9月2日(木)
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が,中央委第8期第3回政治局拡大会議を開催。自然災害に備えた国土管理事業の推進,防疫対策の更なる強化,農業問題及び人事問題などを討議・決定。
9月3日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・野田施設に対して立入検査を実施(千葉)。
  • 中国海軍艦艇2隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し,太平洋へ向けて航行。5日,これらの艦艇が,中国海軍艦艇1隻と合流し,台湾と与那国島の間の海域を北上し,東シナ海へ向けて航行。
  • プーチン大統領が3日,東方経済フォーラム(2~4日,ウラジオストク)の全体会合において,「クリル」諸島(千島列島及び北方領土)に法人税や固定資産税などの主要な税を10年間免除する免税制度を導入すると発表した。
9月8日(水)
  • オウム真理教主流派(「山田らの集団」)が観察処分期間更新決定(6回目)の取消しを求めて提訴した訴訟において,東京高等裁判所が同派の請求を棄却(東京)。
  • 国際オリンピック委員会(IOC)が,北朝鮮の東京オリンピック・パラリンピック不参加は選手団派遣を義務付けたオリンピック憲章に違反するものとして,北朝鮮オリンピック委員会に対し,2022年末までの資格停止処分を科すことを決定。
9月9日(木)
  • 北朝鮮が,建国73周年慶祝民間・安全武力閲兵式を開催(平壌・金日成広場)。
9月10日(金)
  • オウム真理教主流派が,「秋季集中セミナー」を開催(~12日,17~26日,愛知など)。
  • 公安調査庁が,オウム真理教・足立入谷施設に対して立入検査を実施(東京)。
  • 中国のものとみられる潜水艦が,奄美大島の東の海域を潜水状態のまま北西進。その際,その付近を中国海軍艦艇1隻が航行。12日,同潜没潜水艦は,鹿児島県トカラ列島・横当島の西南西の海域を西進。
9月12日(日)
  • 中核派が,「革共同政治集会」を開催(東京)。
9月13日(月)
  • 北朝鮮メディアが,「11日,12日の両日,国防科学院が新開発の新型長距離巡航ミサイルの試験発射を行った」と報道。
9月14日(火)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・越谷大沢施設に対して立入検査を実施(埼玉)。
9月15日(水)
  • 北朝鮮が内陸部から,弾道ミサイル2発を東方向に発射。日本政府は,同ミサイルが日本海の我が国排他的経済水域(EEZ)内に落下したと推定。北朝鮮メディアは16日,「鉄道機動ミサイル連隊」の射撃訓練を実施した旨報道。
9月18日(土)
  • 中国海軍艦艇1隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し,東シナ海へ向けて航行。
9月24日(金)
  • 中国海軍艦艇1隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し,東シナ海へ向けて航行。
9月28日(火)
  • 北朝鮮が内陸部から,ミサイル1発を東方向に発射。北朝鮮メディアは29日,「国防科学院が新開発の極超音速ミサイル『火星8』型の試験発射を行った」と報道。
  • 北朝鮮の最高人民会議が第14期第5回会議を開催(~29日)。金正恩総書記が施政演説を行い,10月初旬に南北通信連絡線を復元すると表明。金与正(キム・ヨジョン)党副部長を国務委員会委員に補選。
9月29日(水)
  • 右翼団体が,「反中共デー」と称して,在日中国公館に対する抗議や街宣活動を実施(東京,大阪など)。

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 選考採用募集中!!
  • パブリック・コメント
  • 国際テロリズム要覧2021
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。