フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2021年12月

最近の内外情勢 2021年12月

12月2日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・札幌施設及び札幌白石施設に対して立入検査を実施(北海道)。
12月8日(水)
  • 右翼団体が,「日米開戦記念日」に際し,「大東亜戦争の正当性」を訴える街宣活動などを実施(東京,大阪など)。
  • 公安調査庁が,オウム真理教・生野施設に対して立入検査を実施(大阪)。
12月10日(金)
  • 中国外交部が,中国とニカラグアの外交関係の回復を発表するとともに,「ニカラグアが台湾当局といわゆる“外交関係”を断絶し,中国と国交を回復したことは,大局に従い,民心と合致した正しい選択である。中国はこれを大いに賞賛する」と表明。
  • 公安調査庁が,オウム真理教・八潮大瀬施設及び八潮伊勢野施設に対して立入検査を実施(埼玉)。
12月14日(火)
  • 中国海軍艦艇1隻が,沖縄本島と宮古島との間の海域を南東進し,太平洋へ向けて航行。
  • 公安調査庁が,オウム真理教・名古屋施設に対して立入検査を実施(愛知)。
12月15日(水)
  • 中国海軍艦艇4隻が,長崎県・男女群島西の海域を南東進。16日,沖縄本島と宮古島との間の海域を南下し,太平洋へ向けて航行。19日,同4隻を含む中国海軍艦艇6隻が沖縄県・北大東島東の海域を航行。20日,同艦艇6隻が沖縄県・沖大東島南東の海域を航行。25日,同6隻のうち1隻を除いた中国海軍艦艇5隻が,沖縄本島と宮古島との間の海域を北西進し,東シナ海へ向けて航行。
12月17日(金)
  • 北朝鮮が,金正日死去10周年に際し,金正恩総書記ら出席の下,中央追慕大会を開催。
  • 公安調査庁が,オウム真理教・野田施設に対して立入検査を実施(千葉)。
12月19日(日)
  • 任期満了に伴う香港立法会議員(議席数90)の選挙が実施。投票率は,選挙委員会選挙枠約98.5%(新設),職能団体枠約32.2%(前回74.3%),直接選挙枠約30.2%(前回約58.3%)。「非親中派」からの当選は,職能団体枠で立候補した1人のみ。
12月21日(火)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・西荻施設に対して立入検査を実施(東京)。
12月23日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・福岡施設に対して立入検査を実施(福岡)。
12月24日(金)
  • ロシア外務省が,ザハロワ報道官の声明を発表。同報道官は,「2021北方領土パネル展in Tokyo」(12月1~3日,東京都新宿区)について,「ロシア外務省が2020年に開催された同様のイベントに対して警告したにもかかわらず,日本側は再び挑発的な措置に出た」と批判。
  • オウム真理教主流派が年末年始集中セミナーを開催(~1月10日・北海道,愛知など)。
12月27日(月)
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が,中央委員会第8期第4回全員会議を開催(31日まで)。2021年度事業総括及び2022年度事業計画や農村振興問題などを討議,決定。
12月29日(水)
  • オウム真理教上祐派が年末年始集中セミナーを開催(~1月9日・東京,愛知,大阪など)。

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 選考採用募集中!!
  • パブリック・コメント
  • 国際テロリズム要覧2021
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。