フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2022年6月

最近の内外情勢 2022年6月

6月1日(水)
  •  中国海軍艦艇4隻が、奄美大島と横当島との間の海域を東進し、太平洋へ向けて航行。
6月2日(木)
  • 中国海軍艦艇1隻が、沖縄本島と宮古島との間の海域を南東進し、太平洋へ向けて航行。
6月4日(土)
  • 中国の海洋調査船「東方紅3」が、4日から7日にかけて石垣島沖の我が国排他的経済水域(EEZ)で甲板上のクレーンを使い、観測機器の可能性が高いものを海中へ投入。
6月5日(日)
  • 北朝鮮が、弾道ミサイル8発を複数の地点から東方向に向けて発射。
6月8日(水)
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が、中央委員会第8期第5回全員会議拡大会議を開催。人事、上半期の総括と下半期の課題、新型コロナ防疫問題、党規約一部改正について討議・決定。(~10日)
6月12日(日)
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が、中央委員会書記局会議を開催。党内規律順守の確立と幹部による「不健全で非革命的な行為との闘争」などについて討議。
  • 中国海軍艦艇1隻が、対馬海峡を北東進し、日本海へ向けて航行。13日、別の中国海軍艦艇3隻が、対馬海峡を北東進し、日本海へ向けて航行。その後、これら艦艇は津軽海峡又は宗谷海峡を東進し、29日には、これら艦艇の内艦艇3隻が、宮古島の北東の海域を北西進した後、東シナ海に向けて航行。
6月13日(月)
  • ブリンケン米国務長官が、韓国の朴振(パク・チン)外交部長官と会談(米・ワシントンDC)。北朝鮮が核・ミサイル開発を継続する限り軍事的・経済的圧力を継続する方針で一致し、米韓高位級拡大抑止戦略協議体(EDSCG)の早期稼働で合意。
6月15日(水)
  • 公安調査庁が、オウム真理教・北越谷施設に対して立入検査を実施(埼玉)。
6月18日(土)
  • 公安調査庁が、オウム真理教・金沢施設に対して立入検査を実施(石川)。
6月21日(火)
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が、中央軍事委員会第8期第3回拡大会議を開催。前線部隊の作戦任務に「重要軍事行動計画」を追加し、「戦争抑止力」を拡大・強化するための「重要問題」を承認。(~23日)
  • 中国海軍艦艇2隻が、与那国島と台湾との間の海域を南進し、太平洋に向けて航行。24日、同2隻の内の中国海軍艦艇1隻が、与那国島と台湾との間の海峡を北進し、東シナ海へ向けて航行。
6月22日(水)
  • 中国海軍艦艇4隻が、沖縄本島と宮古島との間の海域を南進し、太平洋に向けて航行。23日、同4隻を含む中国海軍艦艇5隻が、沖縄本島と宮古島との間の海域を北西進し、東シナ海へ向けて航行。
6月23日(木)
  • 中国機3機が、東シナ海・太平洋間を往復飛行。
6月24日(金)
  • 中国機1機が、東シナ海・太平洋間を往復飛行。
6月27日(月)
  • 北朝鮮の朝鮮労働党が、中央委員会書記局拡大会議を開催。各級党指導機関の活動強化や党中央委員会の部署機構変更などの「重要な党事業問題」を討議。
6月29日(水)
  • 日米韓首脳会談を開催(スペイン・マドリード)。北朝鮮の核・ミサイル活動について深刻な懸念を共有、北朝鮮対応に関する協力の一層の推進で一致。
6月30日(木)
  • プーチン大統領が、ロシア・サハリン州の石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」の事業主体を「サハリン・エナジー」社から、ロシア政府が設立する企業に変更する大統領令に署名。

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 国際テロリズム要覧
  • パブリック・コメント
  • 選考採用実施中!!
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。