フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2022年7月

最近の内外情勢 2022年7月

7月2日(土)
  •  北朝鮮の朝鮮労働党が、第1回道・市・郡党組織部党生活指導課活動家特別講習会を開催(平壌市、~6日)。金正恩総書記が結論を述べ 、党生活指導部門の強化等を指示。
7月4日(月)
  • 中国海軍艦艇1隻が、魚釣島南西の我が国接続水域に入域。その後、同接続水域から出域し、西南西に向けて航行。
7月6日(水)
  • 米国連邦捜査局(FBI)、サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)及び財務省が、北朝鮮サイバー脅威主体が遅くとも2021年5月以降、医療・公衆衛生分野を標的に、ランサムウェア攻撃を行っているとする共同勧告を発表。
7月7日(木)
  • 中国海軍艦艇1隻が、与那国島と台湾との間の海峡を南進し、太平洋へ向けて航行。10日、与那国島と台湾との間の海域を北進し、東シナ海に向けて航行。
7月13日(水)
  • 北朝鮮が、ウクライナ東部ドンバス地域の親ロシア派が樹立を主張する「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」に対し、外交ルートを通じ、「独立」承認を決定した旨通知。
7月15日(金)
  • ロシア外務省ウェブサイトが、我が国衆議院議員384名のロシア入国禁止を発表。
7月19日(火)
  • 米国司法省副長官が、北朝鮮のランサムウェア攻撃で支払われた身の代金約50万ドルを同国法執行機関が押収するとともに、身の代金の暗号資産の資金洗浄に中国の事業者が関与していたことも判明したと発表。
7月20日(水)
  • 中国海軍艦艇1隻が、口永良部島南の我が国領海に入域。その後、同領海から出域し、西に向けて航行。
7月21日(木)
  • 中国海軍艦艇1隻が、与那国島と台湾との間の海域を南進し、太平洋に向けて航行。
7月22日(金)
  • 中国海軍艦艇1隻が、与那国島と台湾との間の海域を南進し、太平洋に向けて航行。27日、魚釣島西の海域を北進。
7月25日(月)
  • 中国機1機が、東シナ海から、沖縄本島と宮古島との間を通過して太平洋に進出し、先島諸島の南の太平洋上で旋回後、バシー海峡方面へ飛行。
7月27日(水)
  • 公安調査庁が、オウム真理教・名古屋施設に対して立入検査を実施(愛知)
  • 北朝鮮の金正恩総書記が、「戦勝」(朝鮮戦争休戦協定締結)69周年記念行事で演説し、韓国の尹錫悦大統領を名指しし、「同族対決政策に固執している」と非難、「韓国が先制打撃に踏み切るなら、尹政権とその軍隊は全滅する」旨警告。
  • 中国海軍艦艇2隻が、大隅海峡を北東進し、太平洋に向けて航行。
7月29日(金)
  • 中国海軍艦艇1隻が、対馬海峡を北東進し、日本海へ向けて航行。
7月30日(土)
  • 中国海軍艦艇1隻が、沖縄本島と宮古島との間の海域を南進し、太平洋に向けて航行。
7月31日(日)
  • 中国海軍艦艇1隻が、与那国島と台湾との間の海域を南進し、太平洋に向けて航行。

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 国際テロリズム要覧
  • パブリック・コメント
  • 選考採用実施中!!
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。