フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2022年10月

最近の内外情勢 2022年10月

10月1日(土)
  • 北朝鮮が、弾道ミサイル2発を西海岸付近から東に向けて発射。
10月2日(日)
  • 中国海軍艦艇1隻が、粟国島北の海域を東進した後、南西諸島西側に沿って北進。3日、草垣群島南西の海域を西進し、東シナ海へ向けて航行。
10月4日(火)
  • 北朝鮮が、弾道ミサイル1発を内陸部から東に向けて発射。青森県上空を通過した後、日本の東約3,200kmの我が国排他的経済水域外に落下したと推定。
10月5日(水)
  • 公安調査庁が、オウム真理教・福岡施設に対して立入検査を実施(福岡)。
10月6日(木)
  • 北朝鮮が、弾道ミサイル2発を内陸部から東に向けて発射。
10月7日(金)
  • 国連安保理北朝鮮制裁委員会専門家パネルが、2022年度の中間報告書(9月7日付け)を公表。その中で、北朝鮮のサイバー脅威主体が2022年中に数億米ドル相当の暗号資産を窃取したことや、情報収集を目的としたサイバー活動を継続していることを指摘。
10月9日(日)
  • 北朝鮮が、弾道ミサイル2発を東海岸付近から東に向けて発射。
10月10日(月)
  • 中国海軍艦艇1隻が、沖縄本島と宮古島との間の海域を南東進し、太平洋へ向けて航行。
10月11日(火)
  • 公安調査庁が、オウム真理教・野田施設に対して立入検査を実施(千葉)。
10月12日(水)
  • ロシア外務省ウェブサイトが、北海道で行われた日米共同訓練に関するマスメディア向け発表を掲載し、我が国に対し、適切な対抗措置を採る旨発表。
10月14日(金)
  • 北朝鮮が、弾道ミサイル1発を平壌近郊から東に向けて発射。
  • 我が国金融庁、警察庁及び内閣サイバーセキュリティセンターが、北朝鮮当局の下部組織とされるラザルスと呼称されるサイバー攻撃グループによる暗号資産関連事業者等を標的とした攻撃についての注意喚起を発表。
10月16日(日)
  • 中国共産党第20回全国代表大会(党大会)が開催(~22日)。習近平総書記が第19期中央委員会を代表して行った報告(政治報告)及び党規約改正案を審議・採択。
10月18日(火)
  • 我が国政府が、10月4日の弾道ミサイル発射等を踏まえ、5団体(北朝鮮)を制裁対象に追加指定。
10月19日(水)
  • 公安調査庁が、オウム真理教・札幌施設及び札幌白石施設に対して立入検査を実施(北海道)。
10月23日(日)
  • 中国共産党第20期中央委員会第1回全体会議(1中全会)が開催。中央政治局委員24人、同常務委員7人が選出され、中央委員会総書記に習近平が選出。
10月25日(火)
  • 公安調査庁が、オウム真理教・小諸施設に対して立入検査を実施(長野)。
10月28日(金)
  • 右翼団体が、「竹島奪還の日」と称して、在日韓国公館に対する抗議活動などを実施 (東京、大阪、福岡など)。

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 国際テロリズム要覧
  • パブリック・コメント
  • 選考採用実施中!!
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。