フロントページ > 公表資料 > 内外情勢の回顧と展望 > 内外情勢の回顧と展望(平成18年1月)

内外情勢の回顧と展望(平成18年1月)

はしがき

 この「内外情勢の回顧と展望」(平成18年1月版)は,世界規模で拡散している国際テロの脅威や,依然として解決の道筋が付かない北朝鮮の核・拉致問題などの諸問題,麻原への絶対的帰依を再び鮮明化させたオウム真理教などを中心に,平成17年の内外公安動向を回顧し(11月末現在),今後を展望したものである。また,こうした情勢下での公安調査庁の取組と課題も併せて記述した。
 なお,本文中,特に断りのない限り,「○月」との表記は,原則として平成17年(2005年)の当該月を指すこととした。また,本文に記載した人物の肩書きは,当時のものを使用することとした。

このページの先頭へ

  • 経済安全保障に関する特集ページ
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 選考採用募集中!!
  • パブリック・コメント
  • 国際テロリズム要覧2021
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。