検索

検索

×閉じる

原子力関係訴訟

訴訟の概要

 本件訴訟は、原子力発電所等の地震等に対する安全対策等に問題があるなどとして、同発電所等を設置(変更)することを許可した処分等の取消しなどを求めている事案のほか、上記許可をしたこと等が国家賠償法上の違法な行為であるとして損害賠償を求めている事案などです。

国側の主張

   原子力発電所の設置(変更)許可の取消しを求める訴えなどにおいては、主に、地震等に対する安全確保の観点から原子力規制委員会が規則で定める上記許可の要件は合理的なものであり、上記要件を満たすとした同委員会の判断も合理的なものであって、上記許可は適法である旨主張しています。
 また、国家賠償請求訴訟については、原子力発電所の設置許可をしたこと等には国家賠償法上の違法性が認められないことなどを主張しています。

係属裁判所

 大阪高等裁判所、福岡高等裁判所、札幌高等裁判所、東京地方裁判所、静岡地方裁判所浜松支部、京都地方裁判所、名古屋地方裁判所、松江地方裁判所、佐賀地方裁判所、鹿児島地方裁判所、青森地方裁判所(令和4年1月31日現在)