本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > フォトニュース > 第63回“社会を明るくする運動”街頭広報活動

第63回“社会を明るくする運動”街頭広報活動

 平成25年7月1日(月),第63回“社会を明るくする運動”「更生保護の日・街頭広報活動」が本運動発祥の地である東京・銀座の数寄屋橋公園で行われました。本運動のフラッグアーティストである谷村新司さんや谷垣法務大臣などが更生保護への理解と協力を呼び掛けました。
 オープニングセレモニーでは,谷垣法務大臣が「今年も7月1日から,第63回“社会を明るくする運動”の強調月間が始まります。本運動への賛同のしるしである黄色い羽根を胸に,原点である銀座から,63回という長い歴史のある“社会を明るくする運動”をスタートします。」と挨拶するとともに,本運動への御理解と御協力をお願いしました。 つづいて,東京都知事,中央区長から挨拶をいただき,最後に谷村さんから「以前に訪問した少年院に入っていた少年と街中で偶然に再会し,谷村さんの言葉を励みに社会で頑張っていますと話す少年の言葉に自分が励まされた」とエピソードを交えた挨拶がありました。
 街頭広報活動では,メッセージカードや黄色い羽根を配り,犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支えていくことへの協力を訴えました。

谷村新司さんと法務省政務三役

オープニングセレモニーで挨拶する谷垣大臣

街頭広報活動を行っている谷村さん(左)と谷垣大臣(右)
ページトップへ