本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 

保護者のためのハンドブックについて

 少年の非行の背景には,性格,年齢,経歴,心身の状況,交友関係,家庭環境など様々な要因が関係します。保護観察では,少年の改善更生を図るために,これらの状況を踏まえて保護観察に付された少年への指導助言を行います。この中で,家庭環境の安定は大変重要であり,そのためには少年と保護者との間でのコミュニケーションがうまくいき,親子の関係が良好に保たれることが必要です。
 法務省保護局では,非行をした子どもの親として悩んでおられる保護者の方々の参考としていただくために,子どもとのコミュニケーションを図る方法などを記載したハンドブックを作成しました。このハンドブックは,保護観察を受けることになった少年の保護者に配布するなどして活用しますが,保護観察を受ける少年に限らず,御自身の子どもの非行や問題行動に悩む保護者の方々にも,親子のコミュニケーションをより良くする上で参考になると思いますので,是非御覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ