本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 社会貢献活動の在り方を考える検討会について

社会貢献活動の在り方を考える検討会について

概要

 社会貢献活動の在り方を考える検討会は,刑法等の一部を改正する法律案及び薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律案に対する附帯決議の趣旨を踏まえ,社会貢献活動の効果検証を行うとともに,より改善更生に資する運営を行うための検討を行うことを目的とした検討会です。

開催状況

報告書

 社会貢献活動の在り方を考える検討会は,法学,教育学,心理学,社会福祉学等の学識経験者のほか,社会貢献活動の実施に協力している社会福祉法人を構成員とし,平成30年9月10日から平成31年2月1日までの間,4回にわたり,社会貢献活動の制度の見直しについて検討を重ねてきました。
 この度,第1回検討会において整理された「特別遵守事項で社会貢献活動を義務付けて実施する際の枠組み」,「実施対象者の選定」,「実施対象者に対する効果的な働き掛け」,「活動場所との連携」の4つの論点を検討した結果について,以下のとおり報告書が取りまとめられました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ