本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 法務総合研究所フロントページ > 犯罪被害実態(暗数)調査 > 第3回犯罪被害実態(暗数)調査への御協力のお願い

第3回犯罪被害実態(暗数)調査への御協力のお願い

●御協力のお願い

   先月3日に本ホームページ上でお知らせいたしましたように,下記の日程で,法務省法務総合研究所から委託を受けた社団法人中央調査社の調査員が,調査に御協力いただくために選ばれた方の御都合を伺った上,御自宅などに伺い,第3回犯罪被害実態(暗数)調査の聴き取り調査をさせていただくことになりました。
   選ばれた方には,御都合を伺う葉書を間もなくお送りします。調査に御協力いただいた方には,謝礼を差し上げます。なお,調査項目の中に御回答いただいた方を特定する情報は含まれておりません。また,調査に関係する情報は,その目的に限定して使用し,かつその秘匿は徹底いたします。調査に伺う調査員は「調査員証」を携行します。
   これまで,2回の調査においては,皆様の御理解を賜り,いずれも,多くの方に御協力をいただいております。お忙しい中誠に恐縮ですが,犯罪被害実態(暗数)調査の趣旨を御理解いただき,是非,本調査に御協力の程を宜しくお願い申し上げます。


●第3回犯罪被害実態(暗数)調査の概要

(1)対      象    16歳以上の全国民から無作為に選ばれた男女各3,000人(合計6,000人)
(2)調査期間    平成20年1月7日~同年3月21日
(3)調査方法    調査委託会社の調査員が,調査に御協力いただくために選ばれた方の御自宅などに伺って直接聴き取りをいたします。

●暗数調査の趣旨,重要性,調査結果の活用

   暗数調査は,治安を改善し,犯罪を防止すべく,効果的な刑事政策を立案するための基礎資料を得ることを目的とし,警察等の公的機関に認知されていない犯罪の件数について,市民へのアンケート等の調査により,その犯罪被害の実態を明らかにするものです。
   最近,我が国では,治安に対する国民の関心が高まっており,内閣府が,全国を対象に,平成18年12月に実施した「治安に関する世論調査」においても,「ここ10年間で日本の治安はよくなったと思いますか」との質問に対して,「悪くなったと思う」との回答が84.3%を占めています。
   これまで,我が国では,平成12年と16年に,それぞれ第1回及び2回の犯罪被害実態(暗数)調査を実施し,その結果は,治安の改善・犯罪対策に関する施策の立案や研究等において参照されるなど国民の共有財産となっており,効果的な犯罪対策立案の基礎資料として幅広く活用されています。また,国際機関が中心となり,世界30数か国が参加して行っている国際犯罪被害実態調査に我が国も参加して,国際比較的見地から犯罪対策を考える際の貴重な資料としても活用されています。
   本調査の詳細は,先月3日付け本ホームページ「第3回犯罪被害実態(暗数)調査について-事前のお知らせと御協力のお願い」において,御説明いたしましたので,御覧いただけると幸いです。


第3回犯罪被害実態(暗数)調査の問い合わせ先


法務省法務総合研究所研究部
(TEL)   047-382-1013
調査委託会社   社団法人中央調査社
(TEL)   03-3549-3125   又はフリーダイヤル 0120-48-5351
ページトップへ