本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 特別の機関 > 6. 心神喪失者等医療観察法の審判段階での被害者支援

6. 心神喪失者等医療観察法の審判段階での被害者支援

  検察官は,心神喪失又は心神耗弱の状態(精神の障害のために善悪の区別がつかないなどの状態)で殺人,放火,強盗などの重大な他害行為を行った者であって,心神喪失等を理由として不起訴処分とし,又は無罪等の裁判が確定した者について,その精神障害を改善し,社会復帰を促進するため,地方裁判所に対し,適切な処遇の決定を求める申立てを行います。申立てを受けた地方裁判所では,裁判官と精神保健審判員(精神科医)の合議体で審判を行い,対象者を入院させて詳しい鑑定を行うなどした上,厚生労働大臣が指定する指定医療機関(国公立病院等)への入院決定や通院決定,医療を行わない旨の決定等をします。

『心神喪失者等医療観察法の審判の流れ』
Q 心神喪失者等医療観察法の審判では,犯罪被害者保護のためにどのような制度が導入されているのでしょうか。

A 心神喪失者等医療観察法により,対象者の入院又は通院に関する審判では
 ア 被害者やご遺族等の方々による審判の傍聴の制度
 イ 被害者やご遺族等の方々に対する審判結果の通知の制度
があり,検察庁においても審判の申立てをしたことについて,被害者やご遺族等の方々に情報提供をすることとしています。
 審判の傍聴及び審判結果の通知を希望される方は,裁判所にお申し出ください。
 また,審判の申立てをしたことについての情報提供を希望される方は,担当する検察官・検察事務官又は被害者支援員にご相談ください。
ページトップへ