本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧 > 東京西法務少年支援センター(もくせいの杜心理相談室)

東京西法務少年支援センター(もくせいの杜心理相談室)


東京西法務少年支援センター(東京西少年鑑別所)
 東京西法務少年支援センター(東京西少年鑑別所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

 当センターは,平成31年4月に八王子市(旧八王子少年鑑別所)から昭島市に移転しました。移転後も,東京都内の市町村部(23区及び島しょ部以外)を担当し,地域の皆様や関係機関の皆様の御相談により積極的に応じていきたいと考えていますので,よろしくお願いいたします。

東京西法務少年支援センターの支援


法務少年支援センターのシンボルマーク

 当センターでは,地域の方々や関係機関の方々からの依頼に応じて,
 ○問題行動の分析や指導方法の助言
 ○子供や保護者に対する心理相談
 ○事例検討会等への参加
 などの支援を,心理学や教育学等の専門家が行っています。
 各種支援の詳しい説明については,パンフレットを御覧ください。
東京西法務少年支援センターパンフレット【PDF】
法務少年支援センター地域援助パンフレット(一般の方向け) 【PDF】
法務少年支援センター地域援助パンフレット(関係機関の方向け) 【PDF】

 相談の受付は,事前にお電話による御予約(相談専用電話番号(042-500-5295))をお願いしております。受付時間は,平日の午前9時~同11時30分まで,午後1時~同4時30分までとなります。


      
      *相談室玄関*           *個別検査場面(イメージ)*         *事例検討会の様子*

◆ 講演・研修会等


 当センターでは,関係機関や一般市民の方を対象に,
 ○非行や犯罪に関する研修・講演
 ○法教育授業
 ○インターンシップ,実習等の受入
 ○関係機関が主催する協議会への参加
 などの支援を,心理学や教育学等の専門家が行っています。
 講演等のお申し込みの場合は,042-500-5299にお電話ください。
(受付時間は,平日午前9時~同12時まで,午後1時~同5時までとなります)。

◆ 所在地案内


東京西法務少年支援センター(東京西少年鑑別所)の所在地案内

(1)住所  
 〒196-0035東京都昭島市もくせいの杜2-1-1

(2)電話番号  
 042-500-5271(代表)  
 042-500-5295(相談専用電話)  
 なお,講演等のお申し込みの場合は,042-500-5299にお電話ください。

(3)アクセス  
 JR青梅線「東中神」駅下車 徒歩20分程度

 東中神駅からの案内図はこちら

旧八王子少年鑑別所「くわのみ心理相談室」の活動

◆ 講演,研修,法教育等の実施


■ 平成30年11月の取組について

  11月は,子供・若者育成支援強調月間,児童虐待防止推進月間でした。
  これらの趣旨を踏まえ,当所では次のような活動を実施し,啓発や関係機関との連携強化等に取り組みました。
  特に,市民向け講演会では,土曜午前中にもかかわらず大勢の方にご参加いただいた上,講演会終了後に個別の相談のための列ができるなど,地域の皆さんが子育て等に悩んでおられること,当所が相応にお役に立てることを再認識できました。
  東京西法務少年支援センターにおいても,引き続き個別の御相談はもとより,各種ニーズに応じた講演・研修等に対応いたしますので,お気軽に御相談ください。

 
□ 人権相談対応研修
 
 ○ 日時 : 平成30年11月2日(金)
 ○ 場所  : 東京法務局八王子支局
 ○ 参加者 : 人権擁護委員等 約50名
 ○ テーマ :
   当所の地域援助と発達障害のある相談者への対応



□ 市民向け講演会

  ○ 日時 : 平成30年11月10日(土)                       * 人権相談対応研修の様子 *
  ○ 場所 : 国分寺市立cocobunjiプラザ リオンホール
  ○ 参加者 : 市民の皆様,関係機関職員等 約80名
  ○ テーマ : 思春期の子どもの理解と関わり



□ 八王子市立甲ノ原中学校在校生への講義

  ○ 日時 : 平成30年11月10日(土)
  ○ 場所 : 八王子市立甲ノ原中学校
  ○ 参加者 : 在校生等60名
  ○ テーマ : 逸脱防止等に係る法教育



□ 創価大学大学院生への講義
                                            * 国分寺市における市民向け講演会の様子 *
  ○ 日時 : 平成30年11月13日(火)
  ○ 場所 : 創価大学大学院
  ○ 参加者 : 大学院生等15名
  ○ テーマ : 少年鑑別所の業務と支援の在り方に関して



□ 昭島市更生保護女性会第7回勉強会

  ○ 日時 : 平成30年11月14日(水)
  ○ 場所 : 昭島市役所
  ○ 参加者 : 北多摩西地区昭島分区更生保護女性会会員・同分区保護司等 35名
  ○ テーマ :
    現在の少年非行の特徴~少年鑑別所の現場から~

                                              * 小金井市児童館職員研修会の様子 *

□ 小金井市児童館職員研修会

  ○ 日時 : 平成30年11月30日(金)
  ○ 場所 : 小金井市役所
  ○ 参加者 : 小金井市児童館職員16名
  ○ テーマ : 少年非行の心理~児童館ができる初期的アプローチについて~



□ 都立調布北高校・五日市高校新採用職員研修

  ○ 日時 : 平成30年11月30日(金)
  ○ 場所 : 八王子少年鑑別所
  ○ 参加者 : 新採用教諭2名
  ○ テーマ : 少年鑑別所・法務少年支援センターの業務と学校との連携について



 
■ 「安心感の輪」子育てプログラムファシリテーター資格の取得
 
  「安心感の輪」子育てプログラムとは,子どもと養育者の「アタッチメント(愛着)」に焦点づけた親子関係支援プログラムです。これは,米国で開発・効果が実証されているプログラムを基にしたものですが,この度,当所職員1名がプログラムのファシリテーター資格を取得しました。子育てに悩む養育者に対して同プログラムを実施することのほか,関係機関の方に対して,アタッチメントの観点に基づく子ども・保護者への支援に関する講演・研修等にも対応できます。


    
■ 子ども・若者支援地域協議会等への参画
 
  当所は,立川市子ども・若者自立支援ネットワーク,八王子市子ども若者サポート事業連絡協議会に参画し,様々な生きづらさを抱える子ども・若者やその保護者・支援者の方を援助しています。
  平成30年12月は,次のイベントに参加しました。

 
□ 合同学校相談会

  ○ 日時 :平成30年12月1日(土)
  ○ 場所 : たましんRISURUホール                
* 相談の様子(NPO法人育て上げネット職員(右)と) *
  ○ 対象 : 市民の皆様 225名


平成30年12月1日に実施された,立川市の合同学校説明会に参加しました。   多くの定時制高校,通信制高校,エンカレッジスクール,チャレンジスクールが一同に会する合同相談会が開催されました。進路に悩む小中学生とその保護者の方,進路変更を検討している高校生とその保護者の方,定時制・通信制高校等について理解を深めたい先生方,悩みを抱える中高生の支援に関心のある支援者の方等大勢の方に御参加いただきました。

  当所は,心理相談ブースを担当したところ,18件の御相談をいただきました。進路の悩みの背景に,親子関係や発達等の課題,非行等の問題行動があってお困りの方に,相談先として当所を知っていただくことができ,うれしく思いました。



                                                         * 合同学校説明会の概要 *

■ 「動機づけ面接法」の研修の実施
 
 変化のための有効な面接技法である動機づけ面接法について,寛容と連携の日本動機づけ面接学会の理事・スーパーバイザーである大坪陽一医師をお招きし,当所で相談等に当たっている職員に対して職員研修を実施しました。
 ワークを多用した全6回の継続研修を通じ,動機づけ面接法の基本について,しっかりと学習することができ,実務でもその効果を実感しています。相談を担当する職員は,こうした研修を通じて各種技法のスキルを高めています。また,こうした技術を生かした関わり等について,当センターが研修を行うことも可能ですので,ぜひご検討ください。



  ○ 日時   : 平成30年6月29日(金)
           同年7月27日(金)
             同年8月22日(水)
             同年9月14日(金)
             同年10月12日(金)
             同年11月9日(金)
  ○ 講師   : 大坪 陽一 医師
     (寛容と連携の日本動機づけ面接学会理事)

  ○ 参加者 : 当所職員等 のべ約40名


                                           * 研修の様子(写真上:講義,写真下:演習) *

◆ 心理相談について


*旧くわのみ心理相談室(正門)*
 「くわのみ心理相談室」では,ご相談の依頼を受けた後,個室でじっくりとお話をうかがってきました。

 □ 相談内容
  ・  非行,犯罪行為
  ・  親子関係,職場や学校などでのトラブル
  ・  交友関係での困りごと
  ・  発達検査(個別知能検査)の実施 等



 □ 事例  -金銭持出しを繰り返していた小6男子のケース-
   親の財布から金銭を持ち出すという小学校6年生(男子)の
 息子さんについて,御両親から相談を受けました。
   担当者は息子さんが金銭を持ち出すきっかけを確認し,対処方法について継続的に助言を行いました。その後,御
 両親と息子さんとで話し合う機会が増え,息子さんが自分の気持ちを両親に話すようになったころ,金銭を持ち出す息
 子さんの行動はなくなりました。

  ※ 個人情報が特定できないように,内容を変えています。
    

*旧くわのみ心理相談室の様子*

◆ インターンシップ,実習等の受入れ


* 職員の模擬面接を見学するインターンシップ生 *
□ 法務省人間科学系インターンシップの実施

  当所では,大学生又は大学院生に対し,少年鑑別所の実際の業務に即した実習等を実施することで,矯正行政に対する理解を深めてもらうことを目的としてインターンシップを行っています。
  本年は大学生と大学院生,計4名を迎えて実施しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ○ 日時   : 平成30年8月1日(水)から同月3日(金)
 ○ 実施場所 : 八王子少年鑑別所外来相談棟
 ○ 参加者  : 大学生2名,大学院生2名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 少年鑑別所の業務内容に関する講義や集団方式の心理検査の受検の他,職員による模擬面接を見学してもらい,その後,インターンシップ生同士でペアを組んで模擬面接を行い,面接をする側とされる側それぞれを体験してもらいました。
 インターンシップ生は初めての鑑別面接や少年役に緊張し,戸惑いつつも,楽しそうに取り組んでいました。
 インターンシップ終了後の感想を見ると,模擬面接体験が最も印象に残ったようでした。



□ 公認心理師養成に係る実習の実施

  近隣大学院の依頼により,公認心理師受験を目指す大学院生に対し,施設見学に加えて,講義や心理検査の体験・解釈演習等を行いました。限られた時間ではありましたが,参加した方からは,「少年鑑別所の業務に対する理解を深めることができた」,「法務技官(心理)の魅力に触れることができた」等,前向きな感想をいただきました。
  地域社会に根差した司法・犯罪領域の心理の専門機関として,今後も公認心理師の養成に寄与していきます。

 ○ 帝京大学大学院文学研究科臨床心理学専攻                 * 実習での講義の様子 *
  ・ 日時   : 平成30年8月9日(木)
  ・ 参加者 : 大学院生等11名

 ○ 首都大学東京大学院人文科学研究科臨床心理学分野
  ・ 日時   : 平成30年8月28日(火)
  ・ 参加者 : 大学院生等11名

 ○ 白百合女子大学大学院文学研究科発達心理学専攻
  ・ 日時   : 平成30年9月13日(火)
  ・ 参加者 : 大学院生等9名

◆ バックナンバー等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ