本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
 
トップページ > 資格・採用情報 > 法務省専門職員(人間科学)採用試験 > 法務教官区分,法務教官区分(社会人)

法務教官区分,法務教官区分(社会人)


加古川学園

◇ 法務教官とは
◇ 給与・諸手当
◇ 勤務時間・休暇
◇ 勤務地・制服・宿舎
◇ 研修・昇進
◇ 福利・厚生
◇ 先輩職員からのメッセージ




 法務教官は,少年院少年鑑別所などに勤務する専門職員です。
 幅広い視野と専門的な知識をもって,少年たちの個性や能力を伸ばし,健全な社会人として社会復帰させるために,きめ細かい指導・教育を行っています。

 また,刑事施設(刑務所,少年刑務所及び拘置所)に勤務し,受刑者の改善指導等に携わる道も開かれており,性犯罪や薬物依存などに関わる問題性に働きかける指導のほか,就労支援指導や教科指導等を行っています。


 

    ◆ 法務教官とは 

 
1 少年院に勤務した場合

  少年院は,家庭裁判所から保護処分として送致された少年を収容し,更生のための専門的な教育を行う施設です。

  少年院では,健全なものの見方や考え方などを指導する生活指導,基礎学力を付与する教科指導,職業生活に必要な知識・技能を習得させる職業指導などの矯正教育を行うとともに,関係機関との連携の下,出院後の生活環境の調整,修学に向けた支援や就労支援等の円滑な社会復帰につなげるための支援を行います。




2 少年鑑別所に勤務した場合
 
  少年鑑別所は,主に家庭裁判所の観護措置決定によって送致された少年を収容し,非行の原因の解明や処遇方針の策定のための調査を行う施設です。

  少年鑑別所では,少年の心情の安定を図りつつ,面接や行動観察を実施し,法務技官(心理)と協力して,少年の問題性やその改善の可能性を科学的に探り,家庭裁判所の審判や,少年院・保護観察所等における指導に活用される資料を提供します。
  また,少年の健全な育成を考慮して,本人の希望を踏まえた上で,学習の支援,一般的な教養の付与,情操のかん養などの働き掛けを行っています。


 

少年院における業務
 

  ◆ 給与・諸手当 


 少年院・少年鑑別所に勤務する法務教官には,一般の国家公務員に適用される行政職俸給表(一)に比べ,12%程度給与水準の高い公安職俸給表(二)(平成29年度現在,東京都特別区内に勤務する場合の初任給の例は,244,320円)が適用されます。
 このほかに,各種手当(扶養手当,住居手当,通勤手当,期末・勤勉手当,超過勤務手当等)が支給されます。
 

  ◆ 勤務時間・休暇 


   1週当たりの勤務時間は,38時間45分(週休2日制)であり,主として交替制勤務(昼間勤務と昼夜間勤務があります。)に従事します。
  休暇制度としては,年次休暇(年間20日間)のほかに病気休暇,特別休暇(夏季休暇,結婚・出産に伴う休暇等)及び介護休暇の制度が設けられています。
 

  ◆ 勤務地・制服・宿舎 


  勤務地等については,本人の希望を考慮して決定しており,原則として採用施設を所管する矯正管区の管轄地域内で異動します。
  制服が定期的に貸与されます。
  宿舎は,勤務庁の近隣に設けられており,公安職俸給表適用職員の特例により,宿舎費は原則として無料となります。
 

  ◆ 研修・昇進  


  採用1年目に新採用職員を対象とした基礎科研修,5年目に専門性を向上させるための応用科研修を矯正研修所で行います。
  また,幹部職員となるための高等科研修や教育方法等に関する種々の専門研修のほか,海外・国内留学の制度などが設けられています。
  昇任については,能力主義の人事管理を行っており,採用後おおむね5年目に専門官に昇任し,その後は統括専門官(課長相当),首席専門官,施設長等に昇任する道も開かれています。
 

  ◆ 福利・厚生 


   国家公務員は,国家公務員等共済組合に加入することとなり,組合員として,病気,負傷,出産等に関連した各種の給付を受けることができます。
  また,退職,高度障害,死亡した場合には,年金制度の適用を受けることができます。
  その他,疾病の予防と人間ドック受検,臨時の出費等に対する資金の貸付け,貯金及び保険事業など,組合員とその家族の方々が健康で明るい豊かな生活ができるよう,様々な制度・事業があります。

 

永尾 美佳 

  ◆ 先輩職員からのメッセージ 


 永尾 美佳  (交野女子学院・平成24年度採用)

(法務教官を志望した動機)
  社会の中で様々な困難を抱えている子どもの支援に携わりたかったからです。
 
(業務を通じて印象的だったこと)
 少年院送致となるまでの生い立ちは人それぞれですが,多くの在院者に共通している特徴として,自分に自信が持てないこと,将来に対して投げやりになっていることが挙げられます。そのような在院者が,少年院の生活の中で自身の課題に向き合い,日々成長していく過程に携わることができるところに,この仕事のやりがいがあると私は感じています。勤務を始めた頃,特に印象的であったのは,うまくいかないときがあっても,諦めずに自分の課題と向き合い続ける在院者がとても多いこと,そしてその背後には個々の在院者に対する職員の熱心な働き掛けがあったということでした。24時間体制で在院者と深く関わることは楽ではないことも多いですが,自分とともに課題に向き合ってきた在院者が,生きることに希望を持ち,笑顔で出院していく姿にはいつも力づけられます。職員にも在院者にもとても活気がある環境です。
 
(今後の目標)
 これからも多くの少年の処遇に関わりながら,研さんを続け,少年とともに成長していける職員でありたいと思っています。



 

永井 佑弥
 永井 佑弥  (宮川医療少年院・平成24年度採用)
 

(法務教官を目指したきっかけ)

 学生時代,子どもと関わる仕事がしたいと考えていた中で,法務教官という仕事を知り,子どもと一緒に成長できるのではないか,非行に走った子どもの手助けができたらといった気持ちから法務教官を目指すようになりました。

 

(業務を通じて印象的だったこと)
 勤務を始めると,自分が伝えたいことを少年にうまく伝えられなかったり,集団指導がうまくできなかったりし,何度も悔しい思いをしました。しかし,上司や先輩による適切なフォローや,一人ではなくチームで仕事をするといったスタンスに助けられ,また,自身も成長したことで,少年指導の幅が広がっていきました。

 

(法務教官のやりがい)

 これまでの勤務の中で,一番やりがいを感じたのは,少年が指導を受け変化していく姿を間近で見て,自分も一緒に成長していることが実感できたときです。

 また,少年への直接的な指導に当たるだけでなく,少年の特性を踏まえた指導計画の作成,帰住先や修学・就労先の確保に向けた調整,少年の衣・食・住の管理など幅広い業務があり,一人一人の個性を生かした処遇ができる点もやりがいだと感じます。

 これからも専門性の向上に努め,幅広い視点から少年たちの改善更生の手助けをしていきたいと考えています。

 


 
ページトップへ