本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 資格・採用情報 > 法務省専門職員(人間科学)採用試験 > 矯正心理専門職区分

矯正心理専門職区分


大阪少年鑑別所



◇ 法務技官(心理)とは
◇ 給与・諸手当
◇ 勤務時間・休暇
◇ 勤務地・宿舎
◇ 研修・昇進
◇ 福利・厚生
◇ 先輩職員からのメッセージ
 

 
 法務技官(心理)は,法務省専門職員(人間科学)採用試験 矯正心理専門職区分により採用され,少年鑑別所少年院刑事施設(刑務所,少年刑務所及び拘置所)などに勤務する専門職員です。

 心理学の専門的な知識・技術等をいかし,科学的で冷静な視点と人間的な温かい視点とを持ちながら,非行や犯罪の原因を分析し,対象者の立ち直りに向けた処遇指針の提示や,刑務所の改善指導プログラムの実施に携わっています。 


 


◆ 法務技官(心理)とは

1 少年鑑別所に勤務した場合


  少年鑑別所は,主に家庭裁判所の観護措置決定によって送致された少年を収容し,医学,心理学,社会学,教育学等の専門知識に基づいて,資質及び環境の調査を行う施設です。

  少年鑑別所では,少年に対して,面接や各種心理検査を行い,知能や性格等の資質上の特徴,非行に至った原因,今後の処遇上の指針を明らかにします。
   また,審判決定により,少年院に送致された少年や保護観察処分になった少年にも,専門的なアセスメント機能を活用して継続的に関与します。
  その他,地域の非行及び犯罪の防止に貢献するため,一般の方からの心理相談に応じたり,学校等の関係機関と連携した非行防止や青少年の健全育成のための取組みにも積極的に関与したりします。

2 刑事施設,少年院に勤務した場合

  刑事施設では,受刑者の改善更生を図るため,面接や各種心理検査を行い,犯罪に至った原因,今後の処遇上の指針を明らかにします。
  また,改善指導プログラムを実施したり,受刑者に対するカウンセリングを行ったりもします。
  少年院では,個々の少年に関する矯正教育の計画の策定や各種プログラムの実施,処遇効果の検証等に携わります。  

少年鑑別所における業務
 

刑事施設における業務
◆ 給与・諸手当


 少年鑑別所に勤務する法務技官(心理)には,一般の国家公務員に適用される行政職俸給表(一)に比べ,12%程度給与水準の高い公安職俸給表(二)(平成29年度現在,東京都特別区内に勤務する場合の初任給の例は,244,320円)が適用されます。

 このほかに,各種手当(扶養手当,住居手当,通勤手当,期末・勤勉手当,超過勤務手当等)が支給されます。
 


◆ 勤務時間・休暇
 

 1週当たりの勤務時間は,38時間45分(週休2日制)であり,1日7時間45分の勤務を行う場合と交替制勤務(昼間勤務と昼夜間勤務があります。)を行う場合があります。

 休暇制度としては,年次休暇(年間20日間)のほかに病気休暇,特別休暇(夏季休暇,結婚・出産に伴う休暇等)及び介護休暇の制度が設けられています。

 
◆ 勤務地・宿舎
 

 勤務地等については,本人の希望を考慮して決定しており,原則として採用施設を所管する矯正管区の管轄地域内で異動します。

 宿舎は,勤務庁の近隣に設けられており,公安職俸給表適用職員の特例により,宿舎費は原則として無料となります。

 
◆ 研修・昇進
 

 採用1年目に新規採用職員を対象とした基礎科研修,5年目に専門性を向上させるための応用科研修を矯正研修所で行います。
 また,おおむね10年目には,更に高度な知識及び技能を習得させるための特別科研修が設けられています。

 このほか,幹部職員となるための高等科研修や種々の専門研修,さらに,海外・国内留学の制度などが設けられています。

 昇任については,能力主義の人事管理を行っており,採用後おおむね5年目に専門官に昇任し,その後は統括専門官(課長相当),首席専門官,施設長等に昇任する道も開かれています。

 

◆ 福利・厚生

 国家公務員は,国家公務員等共済組合に加入することとなり,組合員として,病気,負傷,出産等に関連した各種の給付を受けることができます。
 また,退職,高度障害,死亡した場合には,年金制度の適用を受けることができます。

 その他,疾病の予防と人間ドック受検,臨時の出費等に対する資金の貸付け,貯金及び保険事業など,組合員とその家族の方々が健康で明るい豊かな生活ができるよう,様々な制度・事業があります。


結城 奈穗

◆ 先輩職員からのメッセージ


 結城 奈穗  (大阪刑務所・平成24年度採用)

 この仕事に興味を持ったきっかけは,非行を犯した少年と関わる機会が大学時代にあり,一見すると何ら変わりないこの少年が,なぜ非行を犯したのだろうと疑問を抱いたことです。採用後は,少年鑑別所と刑務所で,主に面接調査等の業務を担当することとなり,少年や受刑者と共に,非行・犯罪の背景を探る中で,彼らの多くが,資質面の特徴と環境要因とが複雑に絡み合い,生きづらさを覚えつつも,それにうまく対処できずにきたことが分かってきました。
 その後,拝命5年目からは,刑務所における性犯罪再犯防止のグループ指導を担当することになりました。アセスメントにとどまらず,実際の指導場面に,さらに女性という立場で当たることには,戸惑いもありましたが,スーパービジョンや先輩からのアドバイスを糧に,効果的な指導に資する専門性の向上に努めています。また,受刑者の立ち直りを支援するためには,必要に応じ,福祉や医療,就労支援につなぐことも重要であり,他職種との緊密な連携が求められています。
 いずれにしても,目の前の対象者に真摯に向き合うことが,彼らの立ち直りと新たな被害者を生じさせないことにつながると信じ,日々の業務に携わっています。


 

齋藤 清文
 齋藤 清文  (静岡少年鑑別所・平成24年度採用)

 大学生のときに非行臨床に興味を持ち,大学院に進んで臨床心理学を学んだ後,この仕事に就きました。少年鑑別所に勤務して6年目になります。
 面接や心理検査,施設内での行動観察等を通して,少年たちの非行に結び付く資質上の特徴,今後の処遇上の指針を明らかにしていきますが,その過程においては,心理学の高度な専門性が必要となる一方で,強がり,虚勢を張る彼らの硬い構えの奥にある深い傷つき,生きづらさをくみ取ろうとする温かなまなざしが欠かせないように思います。少年の理解,鑑別結果通知書の作成は決して一筋縄ではいかず,今でもつらく大変な思いをすることの方が多いですが,上司や先輩からの手厚い指導,励ましを受けながら,強いやりがいと誇りを持って日々の業務に取り組んでいます。
 また,近年は地域援助の取組みが活発化しており,非行・犯罪分野の専門家としてその技術や知見を地域社会に役立てる機会が増えています。保護者の方からの依頼を受けて,多くは小・中学生を対象に心理的援助を行ったり,学校に出向いて事例検討会に参加したりするなど,私たちの活躍の場は確実に広がりつつあり,この仕事の今後の可能性を強く感じています。

 
ページトップへ