本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
法制審議会 - 民法(債権関係)部会 > 法制審議会民法(債権関係)部会第3分科会第1回会議(平成23年12月27日開催)

法制審議会民法(債権関係)部会第3分科会第1回会議(平成23年12月27日開催)

議題等

 民法(債権関係)の改正に関する論点の検討について

 

議事概要

 部会資料30(部会第32回会議で配布),部会資料31(部会第33回会議で配布)に基づき,民法(債権関係)に関する論点につき,審議がされた(具体的な検討事項は以下のとおり)。

  1 停止条件及び解除条件の意義

  2 条件の成否が未確定の間における法律関係

  3 不能条件(民法第133条)

  4 期限の意義

  5 期限の利益の喪失(民法第137条)

  6 過去に遡る方向での期間の計算方法

  7 期間の末日に関する規定の見直し

   (以上の論点は,部会第34回会議において,分科会で審議することとされた。)

  8 利率の見直しと変動制の導入の要否

  9 中間利息控除

   (以上の論点は,部会第36回会議において,分科会で審議することとされた。)

 

議事録等



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ