検索

検索

×閉じる

子どもの人権110番


 

「子どものじんけん110ばん」って?

友達

(ともだち)
から「いじめ」にあって学校がっこうきたくない、いえひとにいやなことをされる、部活動ぶかつどう
暴言ぼうげん暴力ぼうりょくけているなど、先生せんせいおやにははなしにくいけど、このままではどうしていいかからない、だれづいてくれない・・・。
このような
なやみがあったら、まよわず電話でんわしてください。「まわりでこんなことでこまっているひとがいる」という相談そうだんでもいいです。

どこに電話すればいいの?

子どもの人権110番TEL
※上の画像をスマートフォンからクリックすると電話がかけられます。

 

 注1 )一部のIP電話からは接続できません。接続できない場合にはこちらの電話番号をご利用ください。
 
 注2 ) 法務局・地方法務局の職員又は人権擁護委員が、「子どもの人権110番」又はこれに類似する名称を用いて、個人情報を収集するようなことは一切行っておりません。法務局等からの電話に心当たりのない場合は、十分ご注意願います。
 
 注3 ) 「子どもの人権110番」へご相談いただく際の電話番号のかけ間違いが多数発生しています。ご相談の際には、今一度電話番号をご確認いただき、おかけ間違いのないようお願いいたします。
 
 注4 ) インターネットでも相談を受け付けています。相談を希望する場合は、下記画像をクリックしてください。
 
   
←メールで相談したい人はこちら
   

うけつけ時間は?


「子どもの人権110番」相談窓口ポスター

あさ8時30分から夕方ゆうがた5時15分まで(月曜げつよう日から金曜きんよう日まで)

 

子どもの人権110番とは

「いじめ」や体罰、不登校や親による虐待といった、子どもをめぐる人権問題は周囲の目につきにくいところで発生していることが多く、また被害者である子ども自身も、その被害を外部に訴えるだけの力が未完成であったり、身近に適切に相談できる大人がいなかったりする場合が少なくありません。「子どもの人権110番」は、このような子どもの発する信号をいち早くキャッチし、その解決に導くための相談を受け付ける専用相談電話であり、子どもだけでなく、大人もご利用可能です。電話は、最寄りの法務局・地方法務局につながり、相談は、法務局職員又は人権擁護委員がお受けします。相談は無料、秘密は厳守します。

若年層の性暴力被害予防月間

 4月は、若年層の性暴力被害予防月間です。
 詳しくは、内閣府ホームページ(男女共同参画局若年層の性暴力被害予防月間について)に掲載されています。
 法務省の人権擁護機関では、性的な画像を含むインターネット上の人権侵害情報について削除依頼方法の助言等必要な支援を行っています。
 詳しくは、こちら