検索

検索

×閉じる
トップページ  >  政策・審議会等  >  省議・審議会等  >  検討会等  >  刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会議事録 >  刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会(第123回)議事要旨

刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会(第123回)議事要旨



1 日時
  平成23年12月22日(木)15:00



2 審査件数


 
                            
検討会
付議件数

 
審査結果
処理案相当  継続審査  処理案不相当 その他 
15件 15件 0件 0件0件

※付議件数15件のうち,2件は再調査案件である。

 意見その他
 (1)  懲罰の取消しを求める案件について,「薬剤は一度に大量摂取したり,横流ししたりなど事故や乱用のおそれがあるので,服用が確実になされたかの確認は厳重にすべきである。また,薬物の不法所持は,できるだけ早期に発見されたい。」との意見が述べられた。
 (2)  信書の発信を禁止した措置の取消しを求める案件について,「処理案(法務省意見)相当」との結論が出されたが,委員から,「法第126条が受刑者の信書の発受の権利を認めたことから考えると,出所者であることが認識されていたAとの信書の発受が,内容に問題がないとして長期間許可されていたこと,Aが釈放後安定した生活を送っていること等を考慮すれば,Aとの信書の発受を禁止することはできないものと考える。」との意見が述べられた。