検索

検索

×閉じる
トップページ  >  政策・審議会等  >  省議・審議会等  >  検討会等  >  刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会議事録 >  刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会(第174回)議事要旨

刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会(第174回)議事要旨


 
 日時
 平成26年7月17日(木)15:00

 

 

 審査件数
検討会付議件数 審査結果
処理案相当 再調査相当 処理案不相当
10件 10件 0件 0件

 

 意見その他
    要件に該当しないにもかかわらず保護室に収容された旨申告している案件について,「本事案は,「他人に危害を加えるおそれがあるとき。」に該当するとして保護室に収容したものであるが,映像記録や関係資料から,要件該当性を明確に導くことに疑義が残る事案である。刑事施設では,現実に職員に対する暴行事案が多数発生しており,職員が危害を加えられるような事態を未然に防止する必要性が強いことからすると,本件について,保護室への収容が必要と判断した職員の対応をもって違法又は不当とすることについては躊躇せざるを得ないが,保護室への収容について法令上厳格な要件が定められている趣旨に鑑み,要件該当性を過大に拡大して運用することがないよう注意を喚起したい。」との検討会としての意見が付された。