検索

検索

×閉じる
トップページ  >  政策・審議会等  >  省議・審議会等  >  検討会等  >  刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会議事録 >  刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会(第218回)議事要旨

刑事施設の被収容者の不服審査に関する調査検討会(第218回)議事要旨


 
 日時
 平成28年9月29日(木)15:00

 

 審査件数
検討会付議件数 審査結果
処理案相当 再調査相当 処理案不相当
12件 11件 1件 0件

 

 再調査相当意見
    便箋ではなく罫紙の裏面を用いて作成した信書の発信を不許可とされた措置の取消しを求める再審査の申請について,申請人に貸与されていた筆記具の種類を確認しないと裏面に記載する必要性の有無を判断できないので,当時の筆記具の貸与状況について確認されたい。

 

 意見その他
    調査検討会の総意として,「保護室内に裸体で放置されたなどとする申告は法163条1項各号に該当しないとする法務省の説明は相当ではなく,適法な申告とした上で違法又は不当な保護室への収容に当たるか否かを判断すべきである。」との意見が述べられた。