本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 啓発活動 > 平成26年度人権に関する国家公務員等研修会を開催しました。 > 平成25年度人権に関する国家公務員等研修会を開催しました。 > 平成24年度人権に関する国家公務員等研修会を開催しました。

平成24年度人権に関する国家公務員等研修会を開催しました。

 本研修会は,人権教育・啓発に関する基本計画の趣旨に沿い,人権問題に関して,国家公務員等の理解と認識を深めることを目的として実施しているものです。

前期

 平成24年9月11日(火),東京都港区にある「ニッショーホール」において,「平成24年度人権に関する国家公務員等研修会(前期)」を開催しました。
 本研修会には約400名の出席を得て,もりおか女性センターの田端八重子先生から,「DV~東日本大震災の影響を踏まえて~」と題して講演を行っていただきました。
 講演では,DV(ドメスティック・バイオレンス)被害の現状やその影響などについて説明いただくとともに,平成23年3月11日に発生した東日本大震災の被災地におけるDVの実情についてもお話いただきました。
 また,講演に引き続き,「人権啓発デジタルコンテンツ落語篇」(30秒×6種類)並びに平成23年度中央委託事業により制作した人権啓発ビデオ「勇気のお守り」及び「自分の胸に手を当てて」の上映を行いました。

田端八重子先生による講演会の模様

後期

 平成25年2月14日(木),東京都港区にある「ニッショーホール」において,「平成24年度人権に関する国家公務員等研修会(後期)」を開催しました。
 本研修会には約320名の出席を得て,聖カタリナ大学人間健康福祉学部教授の山本克司先生から,「高齢者の人権」と題して講演を行っていただきました。
 講演では,高齢者の人権を考える上での視点や,高齢者虐待の現状などについて説明いただくとともに,東日本大震災の被災地における高齢者の人権についてもお話いただきました。
 また,講演に引き続き,平成24年度に制作した腹話術師のいっこく堂氏による「人権啓発デジタルコンテンツ」(15秒×8種類),人権啓発教材(DVD)「デートDVって何?~対等な関係を築くために~」及び人権週間PRソング「ボクラノセカイ」のスポット映像の上映を行いました。

山本克司さんによる講演会の模様

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ