本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 啓発活動 > 北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう

北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう


平成29年度北朝鮮人権侵害問題啓発週間周知ポスター
 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し,その抑止を図ることを目的として,平成18年6月に,「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され,国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに,毎年12月10日から同月16日まで「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされています。

 拉致問題は,我が国の喫緊の国民的課題であり,この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が,国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中,この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

平成29年度北朝鮮人権侵害問題啓発週間周知ポスター【PDF】
※ポスターは,一切改変せずにご使用願います。

政府主催国際シンポジウムを開催します!(平成29年度)

 政府では,「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」の政府主催イベントとして「国際シンポジウム 圧力強化の先に見えるもの-制裁の効果と今後の展開」を開催します。

○国際シンポジウムの概要は以下のとおりです。
 日時:平成29年12月16日(土)14:00~16:30
 主催:政府拉致問題対策本部,法務省
 後援:文部科学省
 場所:丸ビルホール
     (東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7F)

プログラム:
 第1部 北朝鮮人権侵害問題啓発週間・作文コンクール表彰式
 第2部 国際シンポジウム
  (1)主催者挨拶(加藤勝信拉致問題担当大臣)
  (2)基調講演(国連北朝鮮人権状況特別報告者 トマス・オヘア・キンタナ氏)(調整中)
  (3)パネル・ディスカッション
      モデレーター 慶應義塾大学准教授 磯﨑敦仁氏
      パネリスト    韓国延世(ヨンセ)大学教授 イ・ジョンフン氏
               米国ジョンズ・ホプキンス大学米韓研究所副所長
                               ジェニー・タウン氏
               東京国際大学教授 伊豆見元氏
 第3部 ミニコンサート(「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録)
     あなたを忘れないを歌う会,山口采希,宇佐見由美子,saya

 詳細は拉致問題対策本部ホームページ(拉致問題対策本部ホームページにリンクしています)を御参照ください。

拉致問題の解決等への対処に関する政府の取組についての報告

平成28年度 拉致問題の解決その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する政府の取組についての報告
(外務省ホームページへリンクしています。)

※ 本報告では,拉致問題に関して,国内における取組,日朝協議及び六者会合,国際場裡における取組,各国との連携について俯瞰しています。次いで,脱北者問題に関する政府の取組について説明し,最後に,北朝鮮によるその他の人権侵害問題(日本人配偶者問題,北朝鮮内の人権侵害問題)の現状について概観しています。

北朝鮮による日本人拉致問題関連ホームページ

過去の啓発行事について(内閣官房拉致問題対策本部ホームページにリンクしています)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ