トップページ  >  法務省の概要  >  組織案内  >  内部部局  >  民事局  >  民事に関する法令の立案関係 >  商業登記所における法人の実質的支配者情報の把握促進に関する研究会

商業登記所における法人の実質的支配者情報の把握促進に関する研究会

令和2年4月24日

1 研究会の趣旨

 公的機関において法人の実質的支配者情報を把握することについては,法人の透明性を向上させ,資金洗浄等の目的による法人の悪用を防止する観点から,FATFの勧告や金融機関からの要望等,国内外の要請が高まっている。
 このような要請に応えるものとして,法人設立時の実質的支配者情報については,既に,公証人が定款認証を行う際に嘱託人に法人の実質的支配者となるべき者を申告させる取組が行われており,同取組は国際的にも評価を得ているところであるが,法人設立後の継続的な実質的支配者の把握が更なる課題となっている。
 設立後の法人の基礎的な情報は,商業登記所に登記されており,当該業務を担う登記官は,商業・法人登記の分野において高度な専門性を有しており,法人の実質的支配者情報の把握促進のために効果的な役割を果たし得る。
 以上を踏まえ,本研究会では,商業登記所による法人の実質的支配者情報の把握促進のための方策の在り方について,研究を行うものである。
 

2 研究会参加有識者名簿

3 研究会の議事概要

〇 第1回研究会(令和2年4月24日)
〇 第2回研究会(令和2年5月29日)
   議事概要は後日掲載予定