本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 民事局 > 民事に関する法令の立案関係 > 改正行政事件訴訟法施行5年後の検討について

改正行政事件訴訟法施行5年後の検討について

平成24年11月22日

  法務省では,行政事件訴訟法の一部を改正する法律(平成16年法律第84号)附則第50条を踏まえ,その施行状況の検証を行い,これに基づいた検討の結果を取りまとめました。その内容は別添資料のとおりです。

(参考)

 行政事件訴訟法の一部を改正する法律附則第50条

第50条 政府は,この法律の施行後5年を経過した場合において,新法の施行の状況について検討を加え,必要があると認めるときは,その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。

 

 

 平成16年改正行訴法の施行状況の検証を踏まえた検討の結果[PDF]

 

 施行状況検証結果報告書[PDF]

 

 

 改正行政事件訴訟法の施行状況の検証の経過については,こちらをご覧ください。

 



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ