本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 民事局 > 民事に関する法令の立案関係 > 競売制度研究会

競売制度研究会

1 競売制度研究会の報告書

2 競売制度研究会の目的

米国その他の諸外国における民間競売制度を調査し,その結果を踏まえて我が国の競売制度の改善策として取り入れるべき点がないかを検討することを通じて,我が国の競売制度の在り方を研究することを目的とする。

3 背景

平成17年3月25日閣議決定の「規制改革・民間開放推進3か年計画(改定)」において,「競売手続は,実体法上の権利の実現のための必須の執行手続の1つであり,我が国では,専ら裁判所によって実施されているが,米国では,裁判所による司法制度に加え,民間競売制度が広く定着し,司法競売に比して安価で迅速な手続きであると評価されている。したがって,我が国においても,米国その他の諸外国における民間競売制度についての調査及び我が国の競売制度の改善策として取り入れるべき点がないかについての検討に着手する。」とされた。
また,平成19年6月22日閣議決定の「規制改革推進のための3か年計画」において,平成19年度内に,「平成17年12月に発足した「競売制度研究会」において,これまでの米国その他の諸外国における民間競売制度等についての基礎的な調査検討を踏まえ,我が国の競売制度の改善策として取り入れるべき点がないか,取り入れるべき点があるとすればどのような内容が考えられるかについて関係機関との緊密な連携の下に検討を行い,結論を得る。」

4 競売制度研究会委員名簿

5 競売制度研究会議事概要

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ