本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 相談窓口 > 法務省の名称等を不正に使用した架空請求に関する注意喚起について > 偽造された公正証書による架空請求にご注意ください

偽造された公正証書による架空請求にご注意ください

 最近,実在する公証人の名前をかたり,偽造した公正証書により金銭の支払を求める文書が送付される事案があるとの情報が,法務省や消費生活センター等に寄せられています。
 この文書には,「金銭消費貸借契約公正証書」と称する文書(右肩に「謄本」と表示され,末尾に東京法務局所属の実在する公証人の署名押印がされているもの。)が添付されており,指定された期日までに支払わない場合は,当該公正証書により強制執行を行う旨記載されているとのことです。
 このような不審な公正証書による架空請求が届いた場合には,当該公証役場又は法務局及び地方法務局にお問い合わせいただくか,消費生活センター等に相談されることをお勧めします。
 架空請求等については,こちらのホームページを参照して下さい。

ページトップへ