本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > フォトニュース > 第67回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~中央推進委員会会議が開催されました。

第67回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~中央推進委員会会議が開催されました。

1 概要

 平成29年1月31日(火),第67回“社会を明るくする運動”中央推進委員会会議が,法務省幹部及び同運動中央推進委員会構成機関・団体の代表者の出席の下,法務省大会議室において開催されました。
 開催に当たって,中央推進委員会委員長である金田勝年法務大臣の挨拶を黒川弘務事務次官が代読しました。会議では,座長に選出された更生保護法人全国保護司連盟の永見光章副理事長の進行の下,第66回運動の実施結果報告が行われた後,第67回運動の活動指針となる実施要綱及び中央実施行事【PDF】が提案され,協議の結果,承認されました。
 

会議の様子

2 行動目標及び重点事項

 本会議で決定された本年の本運動の行動目標及び重点事項は,以下のとおりです。
【行動目標】
(1)犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう
(2)犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう
【重点事項】
  犯罪や非行をした人を社会から排除・孤立させるのではなく,再び受け入れることが自然にできる社会にするため
(1)出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと
(2)帰るべき場所がないまま,刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと
(3)薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境を作ること
(4)犯罪をした高齢者・障害者等が,社会復帰に必要な支援を受けられる環境を作ること

 

3 第66回“社会を明るくする運動”実施結果報告について

 本会議では,中央推進委員会構成団体及び民間協力者から,第66回運動の取組内容を発表していただきました。
 はじめに,公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)特命担当部長・藤村昇司様から,全国各地のクラブチームとタイアップした広報啓発活動の様子や,クラブチームのコーチによる地域の子どもたちを対象としたサッカー教室などの取組が紹介されました。
 
 続いて,日本精神保健福祉士養成校協会会長・日本社会福祉士養成校協会副会長の伊東秀幸様から,全国の保護観察官が社会福祉系大学・養成施設・専門学校等で更生保護に関する講義を行う「保護観察官による更生保護出張講座」の紹介や,ソーシャルワーカーデー中央集会における広報資材の配布について報告がありました。
 最後に,民間協力者としての立場から本運動に御協力いただいた,株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー取締役木本公敏様から,お笑い芸人の鉄拳氏による“社会を明るくする運動”パラパラマンガの制作,第8回沖縄国際映画祭での広報活動の展開,有楽町駅前広場での広報啓発行事「立ち直りフェスティバル」でのトークショーなどについて報告がありました。
 

取組発表の様子

左から:Jリーグ特命担当部長藤村様,日本精神保健福祉士養成校協会会長伊東様,
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー取締役木本様

4 第67回“社会を明るくする運動”の展開について

 本年も,全国矯正展,東京・千代田区有楽町駅前広場における広報啓発行事,小中学生を対象とした作文コンテストなど各種行事を実施いたします。また,平成28年12月に公布,施行された「再犯の防止等の推進に関する法律」では,7月を再犯防止啓発月間と定めていることから,同法律の趣旨を踏まえた事業として,法務省主催によるシンポジウムを開催します。再犯防止等に向けた取組の重要性を多くの方に理解いただけるようなシンポジウムとしてまいります。
 本年も官民一体となった“社会を明るくする運動”の一層の推進をよろしくお願いします。

<関連リンク>

ページトップへ