本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 刑事政策 > 再犯防止対策 > 再犯防止対策 ~犯罪者・非行少年の処遇~

再犯防止対策 ~犯罪者・非行少年の処遇~

刑事事件発生から社会復帰までの流れの例

刑事事件の流れは様々ですが,ここでは一般的な流れを示しています。
青色の枠をクリックすると,その機関における再犯防止に向けた取組等について詳しく紹介したページに移動します。
刑事事件発生から社会復帰 検察庁 刑事施設 保護観察所


検察庁
 警察から送致された事件等について,捜査し,起訴・不起訴の処分を行います。
刑事施設
 有罪判決を受け,受刑者となった者は刑務所で刑に服します。
保護観察所
 刑務所から仮釈放になった人,保護観察付執行猶予になった人に対して保護観察を実施します。

少年非行発生から社会復帰までの流れの例

少年事件の流れは様々ですが,ここでは一般的な流れを示しています。
緑色の枠をクリックすると,その機関における再犯防止に向けた取組等について詳しく紹介したページに移動します。
非行少年から社会復帰 検察庁 保護観察所

検察庁(作成中)
 警察から送致された事件等について,捜査し,家庭裁判所に送致します。
少年鑑別所(作成中)
 家庭裁判所による審判のため,心理学等の専門的知識に基づいて,少年の心身の状態を調査・診断し,非行の原因の解明や処遇方針の提示を行います。
少年院(作成中)
 家庭裁判所から保護処分として送致された少年等を収容し,矯正教育等を行います。
保護観察所
 家庭裁判所で保護観察処分を受けた人,少年院から仮退院になった人に対して保護観察を実施します。

ページトップへ