法務省

文字の大きさを変更する

拡大する

標準に戻す

色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら

トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 保護局 > 行き場のない刑務所出所者等の住居の確保〜更生保護施設等の役割〜

行き場のない刑務所出所者等の住居の確保〜更生保護施設等の役割〜

最終更新:平成24年3月

行き場のない刑務所出所者等の住居の確保の必要性

 刑務所出所者等の中には,帰住先が確保できないまま出所し,再犯に至る者が多数に上ることや,帰住先がない者ほど刑務所への入所を繰り返し,再犯期間が短いなど,生活の基盤となる「住居」を確保することは,刑務所出所者等の再犯防止を図る上で欠かすことができません。

住居の確保のための施策等

 行き場のない刑務所出所者等の帰住先・定住先を確保するため,これまで更生保護施設が中心となり,こういった行き場のない刑務所出所者等について,国の委託を受けて収容保護し,社会生活に適応させるための生活指導等を行ってきました。
 しかし,それでもなお行き場のない刑務所出所者等が多数に上ることから,法務省では更生保護施設の受け入れ機能を強化するとともに,平成23年度から「緊急的住居確保・自立支援対策」による住居の確保の施策を実施しています。

更生保護施設とは

○更生保護施設〜再出発を支える人たち〜
○更生保護施設に入所するまで
○更生保護施設の役割
○更生保護施設で働く人たち
地域に開かれた更生保護施設

(参考)
 更生保護を支える人々(4.更生保護施設等)

緊急的住居確保・自立支援対策

自立のための一時的な宿泊場所について<br/>−更生保護施設・自立準備ホーム−パンフレット表紙
自立のための一時的な宿泊場所について
−更生保護施設・自立準備ホーム−パンフレット表紙
 平成23年度から開始された「緊急的住居確保・自立支援対策」は,NPO法人等が管理する施設の空きベッド等を活用するもので,この施設を「自立準備ホーム」と呼び,あらかじめ保護観察所に登録しておき,保護が必要なケースについて,保護観察所から事業者に対して宿泊場所,食事の提供と共に,毎日の生活指導等を委託するものです。

(参考)
 更生保護を支える人々(4.更生保護施設等)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ